teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 東海地区の城

 投稿者:余湖  投稿日:2020年11月 7日(土)05時41分20秒
返信・引用
  > No.6885[元記事へ]

備前守長政さんへのお返事です。

山中でお巡りさんと遭遇するとは、びっくりですね。大桑城は、行方不明になりそうなくらいに危険な個所もあるのでしょうか。注意した方がよさそうですね。

私はクマには遭遇したことがありませんが(こっちが遺構探索に夢中で気が付かなかっただけかも)、鹿、イノシシ、スズメバチ、野犬、野猿、マムシ、ハンターなどには遭遇したことがあります。

中でも最も危険だったのがハンターで、「俺の猟場に来やがって」と銃口を向けられたことがありました。もっとも危ないのは人間なのかもしれません。

それではまたです。
 
 

Re: 東海地区の城

 投稿者:備前守長政  投稿日:2020年11月 6日(金)20時33分28秒
返信・引用
  余湖さんへのお返事です。

北陸ですか。そう言えば数年前、加賀鳥越城に登っている途中、熊の親子に遭遇しました。こっちは車だったので向こうがさっさと茂みに隠れてしまいましたが。

大桑城のある古城山は、現在中腹を林道が走り、登城口には駐車場が整備されています。比高で百数十メートルと、かなり負担が軽くなります。
入口には熊に注意の看板。幸い熊にも鹿にも遭遇しませんでしたが、ハイキングコースから外れた支尾根でお巡りさんのグループに遭いました。
山狩りかと思ったら行方不明者の捜索だそうで、麓から道無き道を上がって来た由(麓から流れてきた市の防災無線でも行方不明者を探す呼び掛けが聞こえてきました)。
過去、熊、鹿、カモシカ、兎、猿、猪、狸には出くわしましたが、捜索中のお巡りさんは初めてで、正直驚きました。

  
 

Re: 東海地区の城

 投稿者:余湖  投稿日:2020年11月 5日(木)04時51分31秒
返信・引用
  > No.6883[元記事へ]

備前守長政さんへのお返事です。

ご無沙汰しております。『廃城をゆく7』、本屋に行ってみても置いてあるのを見たことがありません。売れているのかどうか、ちょっと心配です。

いよいよお城巡りにいいシーズンになってきましたね。東海地方のお城を回って来られましたか。東海地方はまだまだ未訪問のお城が多いので、そのうちまた出かけてみたいです。

大桑城は、昔、『国盗り物語』を読んで以来、いつか行ってみようと思いつつ、高い山城なので、ずっと二の足を踏んでいました。

近年では林道を通って、けっこう上の方まで行けるらしいので、近いうちに行ってみたいと思います。

先日は福井の山城を回ってきました。今、鳥瞰図を30城ほど同時に描いている最中です。北陸地方はクマの被害が続いていたので、ちょっと心配していたのですが、市価には遭いましたが、クマには遭わずにすみました。

それではまた、気を付けてお城巡りをしましょう!
 

東海地区の城

 投稿者:備前守長政  投稿日:2020年11月 3日(火)17時39分50秒
返信・引用
  ご無沙汰してます。
「廃城を行く7」面白そうな視点ですね。

いよいよ秋も深まり本格的な城めぐりのシーズン到来です。

先月に続き岐阜と、帰りに浜名湖界隈の城見てきました。余湖図にもお世話になりました。ありがとうございます。

岐阜は東濃の苗木城、阿寺城、霧が城と中濃の大桑城など。浜名湖界隈は宇津山城、佐久城などです。

苗木城は昨今の山城ブームのせいか結構人が多く、駐車場は満車に近い状態でした。阿寺城は余湖図でも紹介されている主郭南の三重堀切が魅力的でした。霧が城は余り紹介されていませんが穴城で堀や土橋が良く残っています。別荘なのか宅地なのか団地の奥で分かりにくいですが。

大桑城は大河の影響と元々軽登山向きに登山道も整備されており、加えて行楽日和だったので多数の登山者が居ました。其処ら中の支尾根に遺構があり堪能しました。ただ疲れました。

宇津山城は面白い縄張です。ただ、薮化が凄く散策ルートは消滅寸前。一方、佐久城は見易くなっていて楽しめました。でも別荘地の中で分かりにくいですね(霧が城みたい)。

次は未定ですが、近場を回ろうかと思います。それでは。

 

Re: 城郭情報部

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月30日(金)03時31分37秒
返信・引用
  > No.6881[元記事へ]

城郭情報部さんへのお返事です。

> 情報部のホームページは下記に移転しました。
>
>
> https://m1untzblc9km.blog.fc2.com/
>
>

了解しました。
 

城郭情報部

 投稿者:城郭情報部  投稿日:2020年10月30日(金)00時21分8秒
返信・引用
  情報部のホームページは下記に移転しました。


https://m1untzblc9km.blog.fc2.com/

 

『廃城をゆく』7!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月26日(月)20時05分1秒
返信・引用
  『廃城をゆく』7「再発見!街中の名城」が発売されました。よろしかったらお手に取ってご覧ください。
山城や中世城郭を中心に紹介してきた廃城シリーズですが、今回はちょっと趣を変えて、町の中に埋もれている名城などを紹介しています。
 

Re: 香取市府馬の実川城跡

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月22日(木)03時35分22秒
返信・引用 編集済
  > No.6878[元記事へ]

むかいさんへのお返事です。

初めまして。実川城は小さいながらも、ちゃんと城としての形状を残していますね。府馬氏の家臣の実川氏の居城であったと言われています。

竜の石像があったというのは初耳でした。城跡に竜があるなんてロマンがありますね。池の跡などからすると、庭園があったのかもしれませんね。

とても興味深いお話です。次に訪れる機会がありましたら、私も探してみたいです。

実川氏は府馬氏の家臣であったと言われていますから、おっしゃるように正木氏と共に戦った可能性も考えられます。

情報ありがとうございました。
 

香取市府馬の実川城跡

 投稿者:むかい  投稿日:2020年10月21日(水)10時21分48秒
返信・引用 編集済
  初めて書き込みいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

子供のころに、友達に「山の中に竜かいる」と言われ、半信半疑で行ってみたことがありました。すると、本当に山の斜面のがさ藪の中に石造りの竜の像がありました。それがちょうど香取市府馬の実川城跡のあたりです。
斜面の途中に小さな池のあとが二つあり(もしくは細くつながっていた?)、その一つに竜の像がありました。城跡のどの部分かは、なにぶん子供のころであったので斜面を下った途中だったとしか覚えていません。
なぜこんなところにと不思議でしかたなく、昔お屋敷があったのかなと子供心に思いました。しかし、そこに城があったと判り得心いたしました。
数十年の疑問が解けて嬉しかったので書き込みさせていただきます。

府馬氏の家臣ということは正木氏と共に戦ったのでしょうか? 身近にも城跡があったと知り驚いています。
 

大阪のトリセツ

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月14日(水)20時41分52秒
返信・引用 編集済
  昭文社から出版されているトリセツシリーズの1冊です。
献本いただいたので宣伝させていただきます。
私も鳥瞰図を提供したのですが、作者名が違っていました。
そうだよなあ、パソコンで「ヨゴ」って変換したら、絶対余呉になるよなあ。
先祖の出身地ではあるんだけどなあ。
余湖では、ふつう「よご」って読めないですもんね(^^;
 

燕城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月10日(土)06時33分19秒
返信・引用
  これも佐久市のお城。

平地にある小山が城址なので、場所はすぐに分かるが、古くから安山石の採掘がおこなわれており、周囲は削られてしまっている。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi08.htm#tubame
 

池端城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月10日(土)06時31分39秒
返信・引用
  これも佐久市のお城。

周囲に堀を巡らせた単郭の城だったようだが、宅地化と耕作化で、一部の城塁を残すのみである。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi08.htm#ikenohata
 

深堀城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月10日(土)06時30分38秒
返信・引用
  これも佐久市のお城。

神社が主郭なのだが、この神社、なんとも訪れにくかった。

市街地化で堀の一部が残るだけである。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi08.htm#hukabori
 

荒城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月10日(土)06時29分35秒
返信・引用
  これも佐久市のお城。

荒山城の近くにある荒山に築かれているので、こちらも本来なら荒山城と呼ばれていたのではないかと思うが、近くに同じ名前の城があるのはややこしい。

場所は分かりにくいが、すぐ近くまで車で行くことができた。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi08.htm#ara
 

荒山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月10日(土)06時27分59秒
返信・引用
  長野県佐久市のお城。

高い土塁に深い堀切と、かなりの有力者の城であったと感じられる城である。

3郭に市の文化財となっている小学校校舎があるが、これが味わい深い建物であった。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi08.htm#
 

Re: 岡城のページ使用について

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 9日(金)05時11分35秒
返信・引用 編集済
  > No.6860[元記事へ]

松木 充さんへのお返事です。

お久しぶりです。書き込みに気が付きませんでして、お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

委細承知いたしました。お役立てできるようであればご活用ください。

今後ともご活躍をお祈りしております。
 

平井愛宕山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 9日(金)04時27分36秒
返信・引用
  これも佐久市のお城。

山稜先端部を利用した小規模な砦である。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi07.htm#hirai
 

藤ヶ城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 9日(金)04時26分23秒
返信・引用
  これも佐久市のお城。

内藤氏1万6千石の近世城郭。

幕末に築き始められ、完成直後に廃城となってしまった悲劇の城である。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi07.htm#huji
 

曽根城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 9日(金)04時22分20秒
返信・引用
  長野県佐久市のお城。

天然の断崖地形を利用した城郭で、主郭周囲の堀が残っている。

依田氏が一揆鎮圧のために築いた陣城であったという。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakusi07.htm
 

頭槌城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 8日(木)04時16分14秒
返信・引用
  これも御代田町のお城。

梨沢城館群の西側に位置する城館である。

狭い道を進んで行くと、山稜上に堀が残されている。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/miyotamati02.htm#dututi
 

久能の物見!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 8日(木)04時14分22秒
返信・引用
  これも御代田町のお城。

梨沢城館の位置口に当たり、街道を監視するための物見の砦であったと思われる。

規模は小さい。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/miyotamati02.htm#kunou
 

向城・天神山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 8日(木)04時13分14秒
返信・引用
  これも御代田町のお城。

梨沢城館と東に向かい合う山稜に築かれている。

これまた、前面は登攀不可能な断崖絶壁となっている。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/miyotamati02.htm#mukai
 

梨沢城館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 8日(木)04時10分7秒
返信・引用
  これも御代田町のお城。

この地域を支配した大井氏の居城で、この城を中心としていくつもの城郭が配置されている。

周囲は切り立った断崖となっているが、城そのものは宅地化されていて遺構らしきものは見られない。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/miyotamati02.htm#nasizawa
 

広戸城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 8日(木)04時08分23秒
返信・引用
  長野県御代田町のお城。

明良で大規模な箱堀が残っている。

湯川に臨む断崖に築かれた城で、川の側から見ると、とても登れない断崖絶壁となっている。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/miyotamati02.htm#
 

十二平茂沢城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 7日(水)04時22分37秒
返信・引用
  これも軽井沢町のお城。

小規模な山城であるが、土塁や堀切はよく残っている。

山麓の寺院から登るのだが、この寺院への道、未舗装で急坂なため、車では登れなかった。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/karuizawamati01.htm#juuni
 

たて茂沢城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年10月 7日(水)04時21分12秒
返信・引用
  長野県軽井沢町のお城。

軽井沢にもこんな田舎があるんだなあって場所にあります。

とても変わった構造で、山稜上に段郭を多数配置し、街道と裏側の平場に広い郭を配置しています。

ここでも黒い獣に遭遇しました。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/karuizawamati01.htm#tate
 

岡城のページ使用について

 投稿者:松木 充  投稿日:2020年10月 6日(火)14時34分17秒
返信・引用
  余湖さん、お久しぶりです。

この度、私が園長をしている幼児施設で、秋の遠足として岡城(城山公園、埼玉県朝霞市)に行くこととなりました。現地に朝霞市の案内板もありますが、予備知識として余湖さんの記事をプリントして保護者に配りたいと思います。もちろん出典は明記します。趣旨をご理解の上、ご了解いただければ幸いです。

私は元気にしております。2019年から法人の代表になり忙しくなりましたが…。テレビなどで興味深い城が出てくると、事典のように余湖さんのサイトで調べては、これほどの城を網羅していることに改めて驚いています。余湖さんのお城のページでますます楽しませていただきたいと思いますので、宜しくお願いします。
 

Re: 霧山城、北畠

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月30日(水)03時42分33秒
返信・引用
  > No.6858[元記事へ]

みいこさんへのお返事です。

初めまして。ご指摘ありがとうございます。

これは私のケアレスミスですね。早速修正しておきました。

また何かお気づきのことがありましたらお知らせください。それではまたです。
 

霧山城、北畠

 投稿者:みいこ  投稿日:2020年 9月29日(火)15時41分40秒
返信・引用 編集済
  霧山城や北畠の記事、興味深く拝見しました。
そこの地元の三杉町ですが、正しくは
美杉町です。美しい杉の村
少し気になりましたので投稿させていただきました。

 

リュウガイ城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月29日(火)04時43分25秒
返信・引用
  茨城県桜川市(旧真壁町)のお城。

地元保存会の皆さんと茨城城郭研究会の合同見学会に参加してきた。

城の図も描き直したので紹介しておきます。

地元見学会の皆さんのご努力のおかげで、少しずつ城内の整備が進んでいます。これだけ整備するのは大変なことだったでしょう。頭の下がるお思いです。ありがとうございました。

城は筑波山へ向かう街道を取り込んだもので、臨時築城の趣の強いものです。それでも堀きりゃ横堀、腰曲輪などは明良です。

http://yogoazusa.my.coocan.jp/ibaraki/makabe.htm#taira
 

Re: 平良兼館について

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月29日(火)03時57分5秒
返信・引用
  > No.6854[元記事へ]

50stormさんへのお返事です。

街道を取り込んでいるという点では手葉井坂城と同じですね。ちょうど筑波山の反対側ですから、街道を掌握するという機能を有していた可能性もあるでしょう。

山の街道にはこのような掘割状の道がよく見受けられます。どうしてここまで掘ったのか不思議に思いますが、何らかの理由があったのでしょうね。
 

Re: 磐城平城本丸発掘調査

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月29日(火)03時54分47秒
返信・引用
  > No.6853[元記事へ]

あんけんさんへのお返事です。

公園かされるのですね。これはうれしい情報です。

いわき市は、日帰りで行ける距離なので、そのうちまた訪れてみたいと思います。

情報ありがとうございました。
 

平良兼館について

 投稿者:50storm  投稿日:2020年 9月28日(月)14時13分8秒
返信・引用
  余湖さん。
先日は、ツアーお疲れ様でした。

余湖図を拝見しましたが、どうも、手葉井坂城と似ているように思えます。
峠道には、こういう掘り割り道が多いです。
興味がつきないです。
 

Re: 磐城平城本丸発掘調査

 投稿者:あんけん  投稿日:2020年 9月28日(月)12時42分27秒
返信・引用
  余湖さんへのお返事です。

こんにちは。本編や掲示板はいつも拝見させて頂いてます。

発掘調査は本丸跡の大部分を占めてた私有地の公園化に向けた事業ですが(1枚目)、ここまで進めててもまだ用地取得とはなっていないそうです。それで仮藩庁を撤去し、体験学習施設を建設する事になった予定地が発掘中です。2枚目画像の大きいトレンチがそこで、左手の南側で礎石列が出たので、先の池遺構のトレンチなどは追加で設定されたみたいです。

余湖様が撮影された私有地内の神社も撤去され、敷地北端の隅っこに小さな祠として移動されてました。周囲の実際に人が住まれてる民家は事業対象外です。

この日は白蛇濠や弓櫓跡も見たかったのですが、立入禁止になってました。またトレンチ横から離れて見た龍ヶ城美術館も震災で屋根が崩れかけたままで再開なんてしそうな雰囲気は無く(ここも事業予定地外で、収蔵品とかどうなってるのかは市教育文化事業団の方も不明だそうです)、崩れたままの中門の石垣や半分の高さまで修復された塗師櫓台も草木が伸びてあたかもそれが旧状のままの様に見えてしまいます・・・。
 

Re: 磐城平城本丸発掘調査

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月28日(月)04時10分29秒
返信・引用
  > No.6851[元記事へ]

あんけんさんへのお返事です。

ご無沙汰しています。

平城の現地説明会の情報、ありがとうございます。平城といえば、すっかり市街地化しているという印象だったのですが、どこかの家の建て替えか何かで発掘が行われたのでしょうか?

それにしても、いろいろな発見があったようですね。何かと勉強になります。

それではまたです。
 

磐城平城本丸発掘調査

 投稿者:あんけん  投稿日:2020年 9月27日(日)13時54分50秒
返信・引用 編集済
  こんにちは、あんけんです。
昨日の平城の現地説明会に参加してきました。幕末の地表は現在の約40cm程下で焼けた土壁の欠片や砲撃された四斤山砲の不発弾が発見され、御殿建築と思われる礎石やそれ以前の掘立建物の柱穴が多数見つかってます。発掘は一部分ながらその配置から建物は絵図にある様な南向きではなく、斜め45度向いて中門方向の南西を向いていたと想定出来ます。1枚目の画像でもトレンチに対して斜めの礎石列が見えるでしょうか。

築城前の旧地表は更に20cm程下ですが、その間に焼土の層が出てます。また発掘エリア北端では南北を向く幅2.8m、深さ1.2mの堀が見つかってますが詳細はまだ不明です。報道では市は遺構を残すつもりと言われてますが仮藩庁を撤去したこの場所には文化交流ゾーンとして体験学習施設が建つ予定なので、変更なければ遺構は壊されてしまうかもしれません。実現できなかった櫓復元の代替工事という話も耳にして、保存を呼びかける声も出てますがどうなるでしょう・・・?

建物の南側では弧を描く石列が検出されてます。3枚目の画像の手前がそれで、ポンプを突っ込んでる更に深いトレンチでは敷き詰められてる粘土層が見つかった事からこれは池だろうとの事です。その右奥に並ぶコンクリートの柱群は昭和の模擬天守建設時の基礎で、予算が無くとん挫した痕跡です。

遺物としては幕末時の磁器や瓦が多く出てて、磁器は18~19世紀の肥前産のものが多く見つかってます。鯱のウロコ部分も見つかってますが、瓦の出土状況と礎石の大きさなどから全体が瓦葺きではなかった様です。
 

Re: 大垣の城

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月24日(木)04時06分24秒
返信・引用
  > No.6849[元記事へ]

備前守長政さんへのお返事です。

ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか。

大垣の城ですか、いいですねえ。岐阜県の城はまだあまり回っていないので、いずれまた出かけてみたいと思っていますので、参考にさせていただきます。

先日の4連休は込むと思っていたので、あえて出かけませんでした。

また落ち着いてきたら、出かけてみたいと思います。

それではまたです。
 

大垣の城

 投稿者:備前守長政  投稿日:2020年 9月23日(水)16時33分27秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。

相変わらず精力的に活動されているようで何よりです。

コロナ禍、3月の熊本以来まともな城巡りが出来ませんでしたが、日曜日1か月遅れの帰省の際、岐阜の大垣界隈に行ってきました。
お目当ては旧上石津町の高木氏陣屋。交代寄合の陣屋跡がよく残っています。
敷地内の郷土資料館に行くと山城2つの縄張図が乗ったパンフが置いてありました。ここ上石津町は明智光秀出生地の候補の一つで、例の大河放映決定を受け、山城の調査が行われたようです。
この山城、地元では城ヶ平城と樫本城と呼ばれています。何れも単郭の小規模なものですが小口回りが技巧的で切岸も確りしており、見応えあります。城への道も整備され、郭内も草木が刈られ見やすくなっています。
ただ、郷土館でも注意喚起されていましたが蛭が居ます。元々山城歩きを想定していなかったので、ゲートルや虫除けを用意していなかったので、2匹にかまれ靴下やズボンが血まみれになりました。

それ以外では、大垣城の移築城門、お茶屋御殿、曽根城などに行ってきました。青野城の移築門は壊されて残っていませんでした。文化財に指定されていないと中々残すの難しいかも知れません。

それではまた。
  
 

今井北城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月23日(水)03時48分43秒
返信・引用
  これも中野市のお城。

歴史不明の山城であるが、遺構はよく残っていて規模も大きい。ただし、全山ヤブである。

戦国期に上杉氏か武田氏によって築かれたものであろう。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/nakanosi03.htm
 

内堀館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月23日(水)03時47分23秒
返信・引用
  長野県中野市のお城。

平城であるが、水堀がよく残っている。

内部は民家の敷地となっているのだが、入口にある長屋門が現存以降のように見えている。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/nakanosi03.htm#utibori
 

落合城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月23日(水)03時45分55秒
返信・引用
  長野県山ノ内町のお城。

ごく小規模な城館だが、案内板が設置されていた。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/yamanouti01.htm

この後、夜交氏山城に登ろうとしたが、あまりのヤブなんであきらめてしまった。そのうちリベンジしたい。
 

日向城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月22日(火)04時58分46秒
返信・引用
  これも木島平村のお城。

こちらも急峻な山城であるが、城山の中腹には林道が付けられており、林道沿いに標柱が立てられている。

市川氏の居城ということだが、規模は小さく、最後の逃げ込み所、といった趣の城郭である。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/kijimadaira01.htm#hinata
 

大塚城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月22日(火)04時56分1秒
返信・引用
  これも木島平村のお城。

平野部にそびえる比高20mほどの独立台地に築かれている。

比高もあまりなく道もしっかりと付けられているので、簡単に登城できる。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/kijimadaira01.htm#ootuka
 

平沢城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月22日(火)04時54分39秒
返信・引用
  長野県木島平村のお城。

比高330mほどのかなり高い山に築かれている。

城のある尾根まで比高90mほどのところまで林道が付けられている。この林道を車で行けるのかどうか分からなかったのだが、何とか行ける道だった。

遺構は見ごたえのあるものである。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/kijimadaira01.htm
 

田草城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月21日(月)05時13分21秒
返信・引用 編集済
  これも飯山市のお城。

昭和40年代に廃村になったという田草地区の背後にある。ところが、訪れたらまだ住んでいる人がいてびっくり!廃村ではなかった。

ポツンと一軒家のようなお宅の背後にそびえているのが田草城。

ところが、山麓近くは放置された水田地帯で、泥田堀のような状態と身長ほどもある萱の海となっており、踏破困難な状態。

訪れたことを後悔したのであった。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/iiyamasi05.htm#takusa
 

山口城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月21日(月)05時10分56秒
返信・引用
  これも飯山市のお城。

入口までの案内がしっかりとしており、城の入口近くまで車でアクセスすることができるので、お手軽な山城である。

遺構規模も大きく見ごたえがある。ただし、整備されているところ以外は猛烈なヤブである。

近くにお屋敷と出城もある。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/iiyamasi05.htm#yamaguti
 

中小屋城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月21日(月)05時08分54秒
返信・引用
  これも飯山市のお城。

比較的に低い山城であり、すぐ下に墓地があるのでそこまでは行きやすいのだが、城内は全面的にヤブである。

遺構はまあまあだが、ヤブを越えてまで見るほどのものではない。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/iiyamasi05.htm#nakagoya
 

小境城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月21日(月)05時07分32秒
返信・引用
  これも飯山市のお城。

鋭い堀切と長大な竪堀が見どころだが、なんともヤブがひどすぎる。

このヤブの中で動けなくなってしまったら何年も発見されないであろう。こんな城、二度と行きたくない。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/iiyamasi05.htm#kozakai
 

北条城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月21日(月)05時05分47秒
返信・引用
  長野県飯山市のお城。

かなりの高所にあるが、スキーゲレンデが近くにあるため、上の方まで車で行くことができる。

そこから主要部までも遊歩道が付けられているので歩きやすいのだが、遊歩道以外の部分は、雪国の逆茂木状ヤブになっていて、とても通り抜けられない。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/iiyamasi05.htm
 

牛ヶ窪城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月20日(日)04時03分4秒
返信・引用
  これも栄村のお城。

こちらもすぐ真下まで車で行くことができる。

かつては秋葉社が祭られていたらしいが、今では取り払われてヤブ状態である。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakaemura02.htm#usi
 

青倉城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月20日(日)04時01分50秒
返信・引用 編集済
  これも栄村のお城。

かなりの山奥にあるが、水田となっているので車でアクセス可能である。

遺構はほとんどないが、城址碑が建てられていたのが意外であった。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakaemura02.htm#aokura
 

白鳥城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月20日(日)04時00分37秒
返信・引用
  長野県栄村のお城。

小規模ながら、堀切が何本も残されており、城塁も鋭い。

しかし、ヤブである。雪国のヤブは逆茂木状態になっているので、なかなかしんどい。

http://yogochan.my.coocan.jp/nagano/sakaemura02.htm
 

浜横沢城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時54分56秒
返信・引用
  これも一関市のお城。

宮城県との県境近くにある。

城は、単純な構造だが、主郭周辺はきれいに草刈りがされていて切岸の様子がよく見えている。

内陸部なのに、なぜ「浜」なのだろう?

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm#hama
 

二桜城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時52分59秒
返信・引用
  これも一関市のお城。

かつての花泉町の町名の由来となった泉が城内に存在している。

坂上田村麻呂が陣を置いた場所と言われているのでずいぶん古い城郭である。

山麓には笠子地蔵が祭られている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm#nirou
 

朝日館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時50分49秒
返信・引用
  これも一関市のお城。

やはり千葉氏の居城であった。

公園化されていて城内まで車で入って行ける。ただし出城の方はヤブ状態で探索困難であった。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm#asahi
 

八丁館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時49分33秒
返信・引用
  これも一関市のお城。

案内標柱が立てられているが全体がヤブの中に埋もれている。

それでも巨大な横堀と堀切はよく分かる。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm#hattyou
 

山吹城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時48分9秒
返信・引用
  これも一関市のお城。

こちらも千葉氏の居城。広大な山城であるが、公園化されている。

ところが、夏場はけっこうな叢になってしまっていて、意外と歩きにくい。

ニホンジカが2匹、城内を駆け回っていた。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm#yamabuki
 

掻引城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時46分19秒
返信・引用
  これも一関市のお城。

山城の唐梅館に対して平素の居館と言われている城である。

単純な構造だが、公園化されており、横堀がよく残されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm#kakehiki
 

唐梅館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 3日(木)03時44分49秒
返信・引用
  岩手ケ日の堰市のお城。

山城であるが城址公園として整備されており、城内まで車で入って行ける。

こちらもなんと千葉氏の居城である。千葉氏ってあちこちにいたんだなあ。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/itinosekisi02.htm
 

上麻生城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 2日(水)04時27分51秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

耕地整理でほぼ消滅してしまっているが、水堀の一部が残され、城址標柱と案内板が設置されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi03.htm#kamiasou
 

九郎館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 2日(水)04時26分55秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

台地縁に築かれた城館である。

畑となっているが、台地基部のヤブの中には堀が残されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi03.htm#kurou
 

中畑城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 2日(水)04時25分54秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

やはり平城であるが、城址碑や標柱が立てられ、城址ということはよく認識されている。

堀は水田となっているが、その形状は理解できる。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi03.htm#nakahata
 

六日入城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 2日(水)04時24分40秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

平城であるが、一部に土塁と堀が残り、城址標柱や案内板が設置されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi03.htm
 

下姉帯城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 1日(火)03時18分7秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

土塁が残るだけだが、城址碑や案内板はしっかり設置されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi02.htm#simo
 

上姉体城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 1日(火)03時17分14秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

小規模だが、周囲の土塁はほぼ完存している。

内部は一軒の民家の敷地である。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi02.htm#kami
 

下川原内館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 1日(火)03時16分12秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

堀の多くは埋められているが、台地縁部を見てみると、大規模な堀の跡がはっきり残されている。

かつてはかなり大規模な城館だったようだ。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi02.htm#simogawara
 

築館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 1日(火)03時14分2秒
返信・引用
  これも奥州市のお城。

平城であるが、堀の跡は何となくわかる。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi02.htm#tuki
 

白鳥舘!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 9月 1日(火)03時13分1秒
返信・引用
  岩手県奥州市のお城。

北上川が蛇行する地点に築かれた城で、遺構もよく残っている。

国指定史跡となっており世界遺産も目指しているということなのだが、それにしては内部に民家が多すぎて、散策しづらいのが難点。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oushuusi02.htm
 

金ヶ崎城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月31日(月)04時00分28秒
返信・引用
  これも金ヶ崎町のお城。

近世まで伊達藩によって使用されていた城郭であるが、現状では遺構の大半が消滅してしまっている。

しかし、武家屋敷などが残されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kanegasakimati01.htm#kanegasaki
 

細越城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月31日(月)03時59分19秒
返信・引用
  これも金ヶ崎町のお城。

こちらは整備されてもおらず、期待していなかったのだが、横堀の巨大さに圧倒されることになる。

素晴らしい城郭である!

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kanegasakimati01.htm#hosogoe
 

大林城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月31日(月)03時56分16秒
返信・引用
  岩手県金ヶ崎町のお城。

広大な城郭で、巨大な横堀が見どころ。

国指定史跡に指定されているためか、案内板が充実しており、1番から25番の番号に従って進んで行くと、だいたいの遺構を見ることができるようになっている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kanegasakimati01.htm
 

Re: 余湖図の使用許可について

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月29日(土)19時27分36秒
返信・引用
  > No.6814[元記事へ]

琉男歴男さんへのお返事です。

> Twitterで、城廓探訪のツイートをするのですが、多聞山城の余湖図を使用してもよろしいでしょうか。

連絡ありがとうございます。図の出典が「余湖くんのホームページ」であることさえ明記してあればご使用は自由です。ご活用ください。

それではまたです。
 

余湖図の使用許可について

 投稿者:琉男歴男  投稿日:2020年 8月29日(土)16時19分19秒
返信・引用
  Twitterで、城廓探訪のツイートをするのですが、多聞山城の余湖図を使用してもよろしいでしょうか。  

黒岩城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月29日(土)03時32分51秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

主郭周囲の堀がよく残っている。

城域は南北に長く、元館なども城塁もかつての形状をそのまま残している。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi03.htm#kuroiwa
 

相去城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月29日(土)03時31分15秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

洞泉寺の背後の台地が城址で、この寺院の駐車場から登って行く。

登り始めると、主郭の大きな堀が目に入ってくる。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi03.htm#aisari
 

浮牛城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月29日(土)03時29分44秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

きれいに整備されており、城塁の形状がそのままよく見えていて気持ちがいいお城。

中世から近世まで使用された城郭である。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi03.htm#hugyuu
 

丸子館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月29日(土)03時28分24秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

大規模な堀を有した城館であったようだが、主郭は会社の敷地となってほぼ湮滅。それ以外の部分はヤブに埋もれてしまっている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi03.htm#
 

高館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月28日(金)04時32分17秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

この地域では最大級の城ということで、城域の北側に巨大な横堀が巡らされている。

いかんせん、この城もヤブだらけである。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi02.htm#takadate
 

下煤孫館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月28日(金)04時31分18秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

巨大な堀が現在も残されている。

城内は展望公園となっており、城内まで車で入って行けるので楽である。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi02.htm#simo
 

上須々孫館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月28日(金)04時29分52秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

2つの台地に新旧2つの城館が残されている。

東館の方は「くまのおうちあるよ」の看板があり、探索には注意した方がよさそうだ。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi02.htm#kami
 

田中館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月28日(金)04時28分34秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

堀切や横堀が残されているのだが、いかんせんヤブがひどい。

横堀の外側の土塁には石がたくさん置かれていた。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi02.htm#tanaka
 

五条丸館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月28日(金)04時27分23秒
返信・引用
  これも北上市のお城。

柄釣子館のすぐ近くにあり、関連した城郭だったと思われる。

宅地化されているが、一部の堀や土塁は残っている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi02.htm#gojou
 

柄釣子館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月28日(金)04時25分22秒
返信・引用
  岩手県北上市のお城。

単郭ながらも周囲の堀はよく残っている。入り口に家慶の泉というのがある。

貴徳院の境内ということだが、ナビに記載がなく、普通の民家の敷地に見える。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/kitakamisi02.htm
 

毒沢城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月27日(木)04時34分48秒
返信・引用
  これも花巻市のお城。

毒沢氏の居城だが、なんとも毒々しい名前の城である。どうしてこのような名前を付けたものか。

遺構はよく残っており、駐車場や遊歩道が完備している。主要部は土砂降りの中でも傘を差して回ることができた。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/hanamakisi03.htm#dokuzawa
 

安俵城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月27日(木)04時33分9秒
返信・引用
  これも花巻市のお城。

比高6mほどの微高地の縁に築かれた城で、平城に近い形状の城。

宅地化されているが、水堀がしっかりと残されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/hanamakisi03.htm
 

今治城

 投稿者:藤本峰生  投稿日:2020年 8月26日(水)21時02分5秒
返信・引用
  余湖様

藤本と申します。早速のご対応ありがとうございます。地元のお城ですので、ありがとうございました。
 

八重畑城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月26日(水)04時03分50秒
返信・引用
  これも花巻市のお城。

稗貫氏家臣の八重幡氏の居城であったという。

遺構の大部分は失われてしまっているが、堀切や城塁の名残などが見られる。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/hanamakisi02.htm#yaehata
 

寺林城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月26日(水)04時01分40秒
返信・引用
  これも花巻市のお城。

光明寺の裏の山林に二重堀が残されている。

寺院そのものの建立は古いので、ある時期、寺院が武装化した際の名残であろうか。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/hanamakisi02.htm#terabayasi
 

新堀城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月26日(水)04時00分5秒
返信・引用
  岩手県花巻市のお城。

比高90mほどの山城であるが、かなり上の方まで車でアクセスできるので、簡単に登城できる。

登城道も整備しており、雨の中、傘を差しながらでも主要部の探索は可能であった。

それにしても富山に続いて、岩手でも雨に降られ続けた。梅雨は開けたはずなのに・・・・・

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/hanamakisi02.htm#niibori
 

Re: 今治城

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月26日(水)03時57分2秒
返信・引用
  > No.6796[元記事へ]

藤本峰生さんへのお返事です。

ご指摘ありがとうございます。早速修正しておきました。
 

今治城

 投稿者:藤本峰生  投稿日:2020年 8月25日(火)20時40分44秒
返信・引用
  天守・模擬天守のページに今治城のページのリンクが

あります。その今治城のページで先頭に
今治城(吹揚城・愛媛県今治市桜井町国分)

と記述がありますが、別名は、吹揚城で
あっていますが、お城がある住所は、国分では
ありません。

今治城のホームページ
https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/imabarijo/
によると

〒794-0036 愛媛県今治市通町3丁目1-3

となります。
もし可能なら訂正願えれば、ありがたいです。
宜しくお願い申し上げます。
 

赤岩城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月21日(金)06時46分32秒
返信・引用
  宮城県気仙沼市のお城。

山稜全体に普請し、曲輪数も多く居住面積もかなり大きな城。

切岸もしっかりしているが、端の方はやはりこの時期ではヤブが茂っている。

http://yogokun.my.coocan.jp/miyagi/kesennumasi01.htm
 

黒田館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月20日(木)03時53分40秒
返信・引用
  これも宮古市のお城。

港を抑えるための千徳氏の支城。

全体にヤブだが、主郭には十字架が4基建てられていた。これってキリスト教徒の墓のようだが、ヤブの中に埋もれている墓は何とも不気味だ。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/miyakosi01.htm#kuroda
 

根城館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月20日(木)03時51分51秒
返信・引用
  これも宮古市のお城。

比高90mの山城だが、山頂の八幡神社が祭られており、軽トラなら山頂まで登って行くことも可能。

意外としっかりと普請されており、加工度の高い山城だった。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/miyakosi01.htm#nejou
 

千徳城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月20日(木)03時50分14秒
返信・引用
  岩手県宮古市のお城、

千徳氏の居城で、この地域では最大級の山城である。

しかし、全体がヤブに埋もれていて、その全貌は把握しにくい。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/miyakosi01.htm
 

大槌城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月19日(水)04時00分26秒
返信・引用
  岩手県大槌町のお城。

比高100mの山城であるが、山上まで舗装された車道が付けられており、お手軽に登城できる。

構造は単純だが、削平はしっかりとしており規模も大きな山城である。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/ootutimati01.htm
 

世田米城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月18日(火)03時54分19秒
返信・引用
  岩手県住田町のお城。

香西領と遠野領との国境近くに築かれた境目の城である。

遠野の領主は阿曽沼氏であるが、ここの城主も阿曽沼氏。阿曽沼氏を抑えるために葛西氏が阿曽沼氏を配置している。阿曽沼氏には二系統あったのだろうか。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/sumitamati01.htm


 

吉浜城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月17日(月)03時51分42秒
返信・引用
  これも大船渡市のお城。

三陸自動車道吉浜ICのすぐ南側にあり、国道から城内に簡単に入って行ける。

城域の半分は墓地となって改変されているが、堀切はよく残っていた。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oohunatosi01.htm#yosihama
 

松館!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月17日(月)03時50分28秒
返信・引用
  これも大船渡市のお城。

比高50mの山城で、主郭には八幡神社が祭られている。

こちらも城主は新沼氏であった。

この城でもニホンジカが走り回っていた。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oohunatosi01.htm#matu
 

赤崎城!

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 8月17日(月)03時49分5秒
返信・引用
  これも大船渡市のお城。

海に近い独立台地をそのまま城館として使用している。単郭だが、それらしい雰囲気は残っている。

ここの城主は新沼氏である。新沼といえば、歌手の新沼謙治を思い出す。彼も大船渡市の出身のようなので、城主の子孫だったのかもしれない。

http://yogokun.my.coocan.jp/iwate/oohunatosi01.htm#akazaki
 

レンタル掲示板
/70