teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 貝塚城について

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月14日(水)04時08分5秒
返信・引用
  > No.7062[元記事へ]

よつきちさんへのお返事です。

再度、情報、ありがとうございます。土塁が残っているのですね。

『千葉の遺跡を歩く会』のページで取り上げていたことは知りませんでした。

後で見てみたいと思います。

それではまたです。
 
 

Re: 貝塚城について

 投稿者:よつきち  投稿日:2021年 4月13日(火)08時24分29秒
返信・引用
  余湖さんへのお返事です。



お忙しい中わざわざ返信をいただきありがとうございます。
妙見様を祭っていたお堂のあった家というのはお寺の西側下の
家の近くなのですが、お堂があったのは庭なのか所有する山の中なのか
自分の記憶がはっきりしないので訂正させてください。申し訳ありません。

また.すでにご存じかもしれませんが千葉市の遺跡を歩く会さんのHPによると永正八年(1511年)の年を刻む
板碑が境内にあったとのことです。HP内でも写真付きで主郭に残る土塁だと
断定していました。


 

Re: 貝塚城について

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月13日(火)03時51分16秒
返信・引用
  > No.7060[元記事へ]

よつきちさんへのお返事です。

初めまして。

貝塚の城館跡については、詳細は分かりません。

『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』という本に掲載されていたので取り上げてみたのですが、特に城跡と確信を持てるような遺構は見つけられなかったので、本当に城館なのかどうか、微妙なところではないかと思っています。

それではまたです。
 

貝塚城について

 投稿者:よつきち  投稿日:2021年 4月12日(月)10時13分34秒
返信・引用
  はじめまして。

貝塚で生まれ育ち一昨年他界した祖母の実家では妙見様を祭るお堂があったそうです。ただ、貝塚部落にお城があったという話は聞きませんでした。
とりあえずご報告させていただきました。
 

Re: 飯岡城の場所

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月12日(月)04時17分28秒
返信・引用 編集済
  > No.7058[元記事へ]

マヤさんへのお返事です。

初めまして! 情報ありがとうございます。

小美玉の飯岡城は、なぜか『茨城県遺跡地図』に掲載されていなかったもので、その場所を特定することができていませんでした。

今でも遺構が残っているのですね。地図を見てみたら、確かに城を築きそうな地形に見えます。機会があったら確認しに行ってみたいと思います。

それではまたです。
 

飯岡城の場所

 投稿者:マヤ  投稿日:2021年 4月11日(日)15時48分4秒
返信・引用
  初めて書き込みいたします。地元の歴史について調べていたらここに辿りつきました。飯岡城(真家館・茨城県小美玉市飯前字堀ノ内)の場所ですが、飯前の十一面観音堂がある場所から北側にある今は竹藪になってしまってますが、そこにあったそうです。地元の年寄りの方の話では昔は井戸もあったそうですが、(元々は周りに木を組んだものだったのだがそれが崩れて穴だけ残ったような)子供が落ちたら危ないので埋めてしまったそうです。
地元の老人に話を聞いたら飯岡城のこと、佐竹氏のこととか詳しく教えてくれました。
 

Re: 小島城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 9日(金)19時30分43秒
返信・引用
  > No.7056[元記事へ]

備前守長政さんへのお返事です。

ホント、お久しぶりでしたね。
まさかあそこで会うとは思っていませんでしたので、備前守殿だとは気が付きませんでした。

私も小島城、揖斐城で出会ったのは備前守殿だけでした。
千葉県内ならともかく、岐阜県で出会えるとは本当に驚きました。

あそこで教えていただいたおかげで石積みもしっかりと確認できました。ありがとうございます。

それではまた、お元気で!
 

Re: 小島城!

 投稿者:備前守長政  投稿日:2021年 4月 9日(金)17時37分49秒
返信・引用
  余湖さんへのお返事です。

ホントお久しぶりでした。まぁ何処かでお目にかかれるだろうとは思っていましたが、いざそうなるとやはり驚きました。何しろ小島城とそのあと揖斐城に行ったのですが、人に会ったのは余湖さんだけでしたから。

小島城は40年前に一度来ているのですが、今回来てみて綺麗に整備されているので驚きました。ありがたいことです。

また、何処かでお目にかかれると良いですね。 
 

馬場氏陣屋!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)04時07分16秒
返信・引用
  岐阜県瑞浪市のお城。

旗本馬場氏の陣屋があったところである。

現状は竹ヤブとなっているが北半分の土塁はよく残っている。

南側半分はかつての国鉄の線路工事によって破壊されてしまった。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/mizunamisi.htm#baba
 

権現山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)04時05分56秒
返信・引用
  これも御嵩町のお城。

本陣山城の近くにあり、本陣山城の支城であったと推定されている。

しかし、本陣山城よりも以降は充実しており、単純に支城であったのかどうか疑問も残る。

「霧の本丸」「木漏れ日の出丸」などと、洒落た名称が付けられている。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/mitakemati01.htm#gongen
 

本陣山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)04時04分8秒
返信・引用
  これも御嵩町のお城。

御嵩城址公園となっており、とても訪れやすい。

ただし、公園化の際にかなり改変されてしまっているようで、遺構はよく分からなくなってしまっている。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/mitakemati01.htm#honjin
 

小原城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)04時02分52秒
返信・引用
  岐阜県御嵩町のお城。

あまり移行期の大きな城ではないが、遊歩道が整備されており、各所に遺構を示す案内板も設置されている。

地元の皆さんの熱意を感じる城址である。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/mitakemati01.htm
 

和知城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)04時01分28秒
返信・引用
  岐阜県八百津町のお城。

現状では単郭ながら、城址公園として整備されており、とても訪れやすい。

堀の大きさにびっくりする。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/yaotumati01.htm
 

猿啄城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)03時58分49秒
返信・引用
  岐阜県坂祝町のお城。

山頂に天守風展望台があるのですぐにどの山か分かる。ハイキングコースが整備されているのだが、ひたすら階段を登って行くので非常にきつい。

信長の美濃攻めの際に攻撃された城だが、現状ではほとんど籠城できるスペースがない。本当にここに籠城できたのであろうか。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/sakahogimati01.htm
 

野口館!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)03時56分26秒
返信・引用
  これも各務原市のお城。

由来不明だが遺構は非常によく残っている。

私有地のため内部探索はできない。周囲を見るだけでも概要を記いことができる。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/kagamiharasi01.htm#noguti
 

伊木山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)03時55分9秒
返信・引用
  これも各務原市のお城。

ふれあい公園の上にあり、遊歩道が付けられている。

美濃攻めの際に信長が築いた城だということだが、あまりメリハリのない城である。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/kagamiharasi01.htm#igiyama
 

三井山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)03時53分34秒
返信・引用
  岐阜県各務原市のお城。

非常に目立つ山にあり城址公園となっているのだが、講演かによる改変が激しく、遺構はよく分からない。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/kagamiharasi01.htm
 

Re: 飯櫃城の鳥瞰図

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 7日(水)03時50分43秒
返信・引用
  > No.7045[元記事へ]

柴田さんへのお返事です。

出典が「余湖くんのホームページ」であることを明記してあればご使用は自由です。よろしかったらお使いください。

飯櫃城の鳥瞰図を描いたのはもう20年も前なので、今見ると、だいぶ古い感じがします。
そのうち描き直したいところです。

 

飯櫃城の鳥瞰図

 投稿者:柴田  投稿日:2021年 4月 7日(水)01時01分12秒
返信・引用
  芝山町の飯櫃城の鳥瞰図を使わせてください。 今日行ったところ、それは本当にごく一部だというのが、鳥瞰図を見てわかりました。

https://blog.goo.ne.jp/tarobe

 

『歴史人』5月号!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)20時25分39秒
返信・引用
  「日本の城 基本の”き”」城の見方徹底解説
が、明日発売予定です。
私も7城ほどの鳥瞰図を提供しました。
とても分かりやすく充実した内容になっているのでお勧めです!
 

鷺山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時25分20秒
返信・引用
  岐阜県岐阜市のお城。

斎藤道三の隠居城。これも『国盗り物語』に出てくるお城である。

山の上には目立った遺構は少なく、山麓の居館がメインであったのかもしれない。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/gihusi.htm#sagi
 

大桑城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時23分46秒
返信・引用
  岐阜県山県市のお城。

こちらも『国盗り物語』に出てくる城なので以前から行ってみたかったのだが、登山に時間がかかるので二の足を踏んでいた。

近年、はじかみ林道からのコースが整備され、だいぶ上りやすくなったという話を聞いて訪れてみた。それでもけっこうきつい!

登山客がとても多く来ているのが印象的だった。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/yamagatamino01.htm
 

小島城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時21分47秒
返信・引用
  これも揖斐川町のお城。

南北朝時代の土岐氏の拠点城郭である。斜面上に多数の郭を造成している。石積みも見られる。

ここで千葉城郭研究会のAさんと遭遇した。こんな偶然ってあるもんなんですね。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/ibigawamati01.htm#ojima
 

揖斐城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時20分0秒
返信・引用
  岐阜県揖斐川町のお城。

土岐一族の揖斐氏の居城。

城塁が鋭く高く、今も堅固な様相を見せている。井戸も残されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/ibigawamati01.htm
 

本郷城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時18分52秒
返信・引用
  これも池田町のお城。

土岐氏が本拠地としたこともある平城。

現在では櫓台のみがポツンと残されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/ikedamati01.htm#hongou
 

片山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時17分42秒
返信・引用
  岐阜県池田町のお城。

大規模かつ広大な山城。ただし、遺構にはあまりメリハリが利いていない。

天正年間に不破光治が築いた城だったというが、未完成の城なのであろうか。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/ikedamati01.htm
 

竹中氏陣屋!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時16分3秒
返信・引用
  これも垂井町のお城。

近世竹中氏の陣屋。竹中氏は中世から幕末に至るまで、ずっと同じ場所の領主であり続けた。

竹中半兵衛といえば、昔『国盗り物語』で米倉斉加年が演じていた半兵衛が好きだったなあ。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/taruimati01.htm#jinya
 

菩提山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時14分30秒
返信・引用
  岐阜県垂井町のお城

あの竹中半兵衛の居城である。

比高300mもあって、登るのには時間がかかる山城だが、近年林道が整備されたため、徒歩10分で主郭まで到達できるようになった。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/taruimati01.htm
 

曽根城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時13分3秒
返信・引用
  これも大垣市のお城

稲葉一鉄の居城ということで有名なお城。

現在は本丸しか残されていないが、駐車場もあって訪れやすくなっている。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/oogakisi02.htm#sone
 

御茶屋屋敷!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時11分41秒
返信・引用
  これも大垣市のお城。

家康の休憩所として築かれた御殿。

現在は牡丹園となり、土塁や堀をよく残している。

そういえば千葉にもお茶屋御殿があったなあ。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/oogakisi02.htm#otya

 

市之瀬城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時09分48秒
返信・引用
  これも大垣市のお城

齋藤道三、織田信長、豊臣秀吉に相次いで仕えた桑原氏の居館。

私有地なので外から見るだけ。瀟洒な長屋門が印象的。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/oogakisi02.htm#itinose
 

西高木家陣屋!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時07分53秒
返信・引用
  岐阜県大垣市のお城

近世の陣屋跡。同じ台地上に西高木家・東高木家・北高木家の3つの陣屋が配置されていた。

西高木家陣屋には石垣や櫓門などが残され、資料館も設置されている。

http://yogokun.my.coocan.jp/gihu/oogakisi02.htm
 

上平寺京極氏館!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 5日(月)03時05分44秒
返信・引用
  滋賀県米原市のお城

北近江の領主であった京極氏の居館。

伊吹山麓に段郭を形成した単純なものであるが、庭園の跡などが見られる。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/maibarasi02.htm
 

菖蒲谷砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 4日(日)05時31分48秒
返信・引用
  これも旧余呉町のお城。

やはり賤ヶ岳合戦の羽柴方の陣城で、堂木山砦と東野山砦とを結ぶラインにあり、防塁を意識した構造になっている。

堂木山砦との間にはさらに街道閉塞土塁が存在していた。

「菖蒲」はおそらく「勝負」の転で、まさに結線の想定地にある。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamayogo01.htm#shoubu
 

茶臼山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 4日(日)05時29分13秒
返信・引用
  これも旧余呉町のお城。

やはり賤ヶ岳合戦の羽柴方の陣城。

天神山砦の尾根続きにあり、支城のような関係だったと思われる。

小規模ながら主郭周囲の切岸は現在も鋭く、直登は難しい。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamayogo01.htm#tyausu
 

天神山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 4日(日)05時27分31秒
返信・引用
  これも旧余呉町のお城。

やはり賤ヶ岳合戦の羽柴方の陣城。比高がそれほどないので登りやすい。

なかなか技巧的で面白い構造をしているのだが、倒木が酷くて、歩きにくくなってしまっている。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamayogo01.htm#tenjin
 

神明山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 4日(日)05時25分45秒
返信・引用
  これも旧余呉町のお城。

堂木山砦と尾根続きの山にある。

尾根を反対側にどんどん進んで行けば、2つの出丸を備えた陣城に到達することができる。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamayogo01.htm#sinmei
 

堂木山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 4日(日)05時24分0秒
返信・引用
  滋賀県長浜市旧余呉町のお城。

久しぶりに先祖の土地にやってきました。先祖の土地はいつ来ても懐かしい感じがします。

堂木山砦は、賤ヶ岳合戦で羽柴氏方の陣城の1つです。

入口が分かりにくいのですが、それさえ分かれば後は城内まで普通にアクセスできます。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamayogo01.htm
 

下坂氏館!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時33分14秒
返信・引用
  これも長浜市のお城。

浅井氏家臣だった下坂氏の館が、現在も昔の雰囲気を残したまま保存されている。

現在は長浜市の所有となっているようで入場料を払えば中に入ることができる。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm#simosaka
 

田上山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時24分6秒
返信・引用
  これも長浜市のお城。

賤ヶ岳合戦の陣城群の1つ。秀吉が築かせたものである。

賤ヶ岳合戦の陣城群の中でも規模が大きく、馬出しを有しているなど、なかなか技巧的。

山の中腹まで林道で進んで行くことができる。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm#tagami
 

山本山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時22分29秒
返信・引用
  これも長浜市のお城。琵琶湖に臨む比高230mの独立山に築かれている。

古くは平家に対して挙兵した山本義経の居城だったという。

戦国期は阿閉氏の居城となっていた。阿閉氏は本能寺の変に際して明智光秀に加担して長浜城を攻め落としたために、秀吉によって滅亡させられた。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm#yamamoto
 

中島砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時20分34秒
返信・引用
  これも長浜市のお城。

丁野山城とは尾根続きにあり、支城であったと考えられる。

小さいながらもしっかりとした構造を有している。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm#nakajima
 

丁野山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時19分12秒
返信・引用
  これも長浜市のお城。

浅井亮政によって築かれたというからけっこう古い城である。

その割に技巧的なので、戦国期の改修が考えられる。

織田勢の小谷城攻撃の際には朝倉勢が籠り、織田勢によって攻め落とされた。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm#youro
 

三田村氏館!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時08分58秒
返信・引用
  これも長浜市のお城。

浅井氏の家臣だった三田村氏の居館である。

現在は伝正寺の敷地で、周囲に土塁がよく残されている。国指定史跡。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm#mitamura
 

虎御前山砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時06分33秒
返信・引用
  滋賀県長浜市のお城。

信長が小谷城を攻めた際の付け城である。それにしても、小谷城の真向かいという至近距離にある。こんな間近に付け城と造られてしまうということは、小谷城が完全包囲されていたことを意味する。

織田勢の陣城といっても、10年後の賤ヶ岳合戦の陣城群に比べて、たいして技巧的ではない。この10年間に織田勢の陣城構築術が進化したということなのだろう。

http://mizuki.my.coocan.jp/siga/nagahamasi02.htm
 

Re: googlemapについて

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 3月12日(金)04時09分49秒
返信・引用
  > No.7017[元記事へ]

赤いRVRさんへのお返事です。

> こんばんは。信州の城を中心にgooglemapに登録(私の登城済に限る)しております。登録地点については主郭の位置を入れていますが、もし位置違いなどございましたらお知らせください。なお、塩尻市高山城については、googlemapに投稿した写真(20110406撮影)には、一応標柱が写っています、が、もうないかな?
>
> 貴殿の図は、県外の登城の際には参考にさせていただいています。今後ともよろしくお願いいたします。



了解しました。参考にさせていただきます。

高山城の標柱は気が付きませんでした。見落としただけかもしれませんが・・・・。
 

googlemapについて

 投稿者:赤いRVR  投稿日:2021年 3月11日(木)22時01分53秒
返信・引用
  こんばんは。信州の城を中心にgooglemapに登録(私の登城済に限る)しております。登録地点については主郭の位置を入れていますが、もし位置違いなどございましたらお知らせください。なお、塩尻市高山城については、googlemapに投稿した写真(20110406撮影)には、一応標柱が写っています、が、もうないかな?

貴殿の図は、県外の登城の際には参考にさせていただいています。今後ともよろしくお願いいたします。
 

Re: 三倉城跡のこと

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 3月 2日(火)02時59分44秒
返信・引用
  > No.7014[元記事へ]

サエモンジャーさんへのお返事です。

サエモンジャーさんが多古で講演をなさることは、多古城郭保存活用会の方から伺っていました。

三倉城は確かに、由来が不明なわりには折れを伴った堀が残ったりしていて不思議な城ですね。誰が築いた城なのか不思議です。

あそこも民家の奥になっていたので、以前は訪問をあきらめていたのですが、今回は多古城郭保存活用会の皆さんのご案内で訪れることができました。もっとも、図を描き始めたとたん、一人になってしまいましたが。

1時間もかけずに描いた図なので、かなりテキトーですが、もしよろしかったらご活用ください。後でメールで原図を送信いたします。

それではまたです。
 

Re: 玉造城跡のこと

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 3月 2日(火)02時55分43秒
返信・引用
  > No.7013[元記事へ]

サエモンジャーさんへのお返事です。

ご無沙汰しております。御教授、ありがとうございます。玉造城は以前来た時に、土地の所有者から「入ってほしくない」ようなことを言われていたので、遠慮していた城でした。今回は、反対側から入ってみました。

2の部分の先に堀がありましたか! 頑張って倒竹の海を進んでみるべきでしたね。そうすると、かなり簡素な単郭の城と言った感じでしょうか。

『千葉県所在・・』では城域をかなり広く取っていますが、実際には素朴な城だったんですね。
 

三倉城跡のこと

 投稿者:サエモンジャー  投稿日:2021年 3月 1日(月)13時18分11秒
返信・引用
  昨年、行ってきましたが、なんでこのようなところに技巧的な城があるのだろう、と疑問に思いました。この14日に多古町で話をしますが、この城も取り上げる予定です。余湖さんが縄張り図を描かれていたのですね。ご労作を講演でお借りしたいと思います。倒竹がひどく、写真がまったく意味をなしてません。縄張り図があり、助かります。今度、図を描きに行こうと思いつつ、かないませんでした。  

玉造城跡のこと

 投稿者:サエモンジャー  投稿日:2021年 3月 1日(月)13時11分55秒
返信・引用
  余湖さんの図の「2」の部分のみが城跡としてよいと思います。倒竹がひどく、歩くのに大変苦労しましたが、堀がはっきり確認できました。これ以外は、私も見て回りましたが、遺構は確認できませんでした。当時の道がどのあたりを通っていたかですが、先端部「2」に築かれたものと考えます。縄張り図は書けませんでした。写真はあります。  

稲屋敷!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月27日(土)22時51分56秒
返信・引用
  これも香取市のお城。

「屋敷」という名称だが、立派な城館である。

本日訪れた城の中では唯一、標柱や案内板が設置されていた。

本日は他にも何城も訪れたのだが、ここに上げた以外は遺構らしい遺構に出会えなかった(><)

http://yogokun.my.coocan.jp/ine.htm
 

香取坊山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月27日(土)22時49分56秒
返信・引用
  これも香取市のお城。

いかにも城山といった形状の山に築かれているが「ヤブの上遺構はほとんどない」と聞いていたので未訪問だった。

改めて訪れてみると、ヤブもたいしたことはなく、それなりに城らしい形は残っていた。

http://yogokun.my.coocan.jp/katoribou.htm
 

六の台城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月27日(土)22時47分44秒
返信・引用
  これも香取市のお城。

土塁がよく残っているのだが、本当に城なのかどうか、確信は持てない。

http://mizuki.my.coocan.jp/yogokun/sawarasonota.htm#
 

新市場城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月27日(土)22時46分26秒
返信・引用
  これも香取市のお城。

台地の西側が削られているのと、耕地整理とで遺構は消滅していると思っていたのだが、改めて訪れてみると、北側部分は城らしさを残しているということが分かった。

しかし、城の全体形状ははっきり理解できない。

http://yogokun.my.coocan.jp/sinitiba.htm
 

玉造城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月27日(土)22時44分38秒
返信・引用
  これも香取市のお城。

城山、城の内、根古屋といった地名が残っているので、城があったことは間違いないと思われるのだが、どうにも明確な遺構は乏しい。

城の北側下の切通しが大きな堀切のように見える。

http://yogokun.my.coocan.jp/tamatukuriji.htm
 

観音茶ノ木館!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月27日(土)22時43分10秒
返信・引用
  千葉県香取市のお城。

以前は場所がよく分からなかったのだが、今回はちゃんと位置を確認して訪れた。

しかし、明確な遺構はなく、何をもって城館跡としているのかよく分からない。

http://mizuki.my.coocan.jp/yogokun/sawarasonota.htm#kannon
 

松崎城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月15日(月)05時01分36秒
返信・引用
  これも多古町のお城。

図の3郭の辺りはかつては竹ヤブであったが、竹が切り払われ、虎口構造が見やすくなっているとのことで、こちらも多古城郭保存会の皆さんにご案内いただいた。

重厚な土塁と虎口は築城主体の勢力の大きさを感じさせるものである。

http://mizuki.my.coocan.jp/yogokun/takomati2.htm#matuzaki
 

中城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月15日(月)04時59分35秒
返信・引用
  これも多古町のお城。

かつては案内板も何もなく城内はヤブであったが、多古城郭保存会の皆さんのご尽力でヤブが切り払われたということで、ご案内いただいた。

実際、城内は見通しがよくなっており、2つの枡形虎口もはっきり分かる。お勧めです!

http://yogokun.my.coocan.jp/naka.htm
 

三倉城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月14日(日)21時21分29秒
返信・引用
  こちらも多古町のお城。

民家の庭先の奥にあるため、これまで訪れることができずにいました。

こちらも多古城郭保存会の皆さんのご案内で訪れることができました。ありがとうございます!

折れを伴った堀や巨大な土塁などが残っていますが、ヤブがひどい箇所が多く図は暫定的なものです。

http://yogokun.my.coocan.jp/mikura.htm
 

久保城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月14日(日)21時19分3秒
返信・引用
  千葉県多古町のお城。

遺跡地図にも掲載されていない城ですが、日本寺の文書には「千葉胤貞の居館が久保にあったこと」が記されているそうです。

今回、多古城郭保存会の皆さんのご案内で訪れることができました。ありがとうございます!
なお、民家の敷地内にありますので、無断立入にはお気を付けください。

http://yogokun.my.coocan.jp/mikura.htm#kubo
 

Re: 潮来島崎城

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月13日(土)20時42分12秒
返信・引用
  > No.7001[元記事へ]

k23さんへのお返事です。

情報ありがとうございます。島崎城がきれいになっているという噂は聞いていましたが、地元の保存会の皆さんが頑張っておられるようですね。鳥瞰図もなかなか素敵です。

思えば、『図説茨城の城郭』用の図面を描いてから行ってないので、かれこれ20年近くも訪問していませんね~。

昔はヤブだらけでしたが、ちょっと落ち着いたら、きれいになった島崎城に行ってみたいですね。
 

潮来島崎城

 投稿者:k23  投稿日:2021年 2月13日(土)19時24分27秒
返信・引用
  潮来市の島崎城が最近、地元保存会の方々により整備されました。余湖さんのリポート通り
素晴らしい遺構が展開してますね。自分の中では千葉県側も含め近隣ではトップクラスです。

余湖さんの鳥瞰図での「き」の空堀もきれいになっており全容を知ることができます。
特に画像の3ヵ所の凸凹は畝にも見えますね。余湖さんはどう思われますか?
その他にも凸凹はあるのですが、自分には崩落によるものに見えました。

このご時世ですが近所の部類ですし、気が向かれたら再訪してみてください。
 

Re: 丹生城

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月13日(土)06時17分24秒
返信・引用
  > No.6999[元記事へ]

横尾さんへのお返事です。

ご無沙汰しております。丹生城、なつかしいですねえ!
山城の日で訪れたのは2010年でしたから、10年以上も前だったでしょうか。
未踏破の尾根もあったとは、城域の広さに驚きます。
自粛が明けて一段落したら、また群馬にも行ってみたいものです。
 

丹生城

 投稿者:横尾  投稿日:2021年 2月12日(金)21時40分50秒
返信・引用
  お久しぶりです。群馬県富岡市にある丹生城へしばらくぶりに登ってきました。徹底的に歩き、宮坂武男氏の「図解 山城探訪」で未踏査の尾根と北砦を見つけました。
いずれも本丸から東斜面を下ってゆきますと
写真1 東北尾根(四段の腰曲輪)の先に小山があり、ここに北に三段の腰曲輪、東には帯曲輪
が数段構築されています。東北尾根の北側にも支尾根があり、これを第二東北尾根と呼んで紹介しております。もし関心がおありであれば案内します。写真2は砦の本丸 写真3は第二東北尾根の二段目の腰曲輪

http://yamasiro749.blog.fc2.com/

 

新城台城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月 7日(日)05時00分11秒
返信・引用
  千葉県柴山市のお城。

飯櫃城と大台城の中間に「新城台」と呼ばれている小山がある。この名称からして城館があった場所と考えられる。

遺構は微妙なものだが、きちんと削平されていることと、一部切岸が見られることから、簡素な城館であった読みてよいだろう。

http://yogokun.my.coocan.jp/sinjoudai.htm
 

八木城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月 7日(日)04時58分13秒
返信・引用
  千葉県佐倉市のお城。

「八木城」という名前の城は全国にいくつもあり、中でも播磨八木城、丹波八木城など、素晴らしい遺構を残している八木城もあるが、こちらはヤブがひどすぎて、詳細はよく分かりません。

土塁や土橋、虎口状のものが見られますが、かなり改変されているようです。

http://yogokun.my.coocan.jp/yagisa.htm
 

弥兵屋敷城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月 7日(日)04時55分30秒
返信・引用
  千葉県酒々井町のお城。

屋敷城とはまた変わった名称だが、「屋敷」と呼ばれている場所に城郭遺構が存在していたために、このような名称になったものだろう。

折れを伴った城塁や横堀、虎口などがしっかりと残されており、戦国期の陣城かと思われる遺構である。

http://mizuki.my.coocan.jp/yogokun/sisuimati.htm#yahei
 

Re: (無題)

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 2月 3日(水)03時33分13秒
返信・引用
  > No.6994[元記事へ]

みーとさんへのお返事です。

ご指摘ありがとうございます。確かに間違っていましたね。

早速修正しておきました。
 

(無題)

 投稿者:みーと  投稿日:2021年 2月 2日(火)15時54分32秒
返信・引用
  いつも楽しく参考にさせていただいています。
細かいのですが、福島県のお城紹介のページで西郷町となっていますが西郷村の間違いだと思います!
 

境砦!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月31日(日)05時56分52秒
返信・引用
  千葉県芝山町のお城。

これは今回唯一のクリーンヒットと呼べる城でした。

ここは北側からの通路はゴルフ場の道路に阻まれており、南側山麓は民家が密集しているので、これまで訪問していませんでした。

しかし、実際には北側からも南側からも道が付けられており、簡単に登城できます。

遺構もほぼ完存で、巨大な枡形状の空間と虎口が明瞭に残っており、意外や技巧的な城郭でした。

城内の木が一面に切られていました。これから何かの工事が行われるのかな?

http://yogokun.my.coocan.jp/sakaisiba.htm
 

助沢城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月31日(日)05時53分17秒
返信・引用
  千葉県香取市のお城。

こちらも、かつて訪れ遺構は完全消滅と思っていました。

しかし、残存遺構として「土塁」を挙げている本もあったので、土塁を探しに再訪してきました。

・・・結局、土塁もまったく残っていませんでした・・・・。

http://mizuki.my.coocan.jp/yogokun/kurimotomati.htm#sukezawa
 

次浦八郎常盛館!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月31日(日)05時50分52秒
返信・引用
  これも多古町のお城。

次浦城は土塁や堀切がよく残っていますが、こちらの館は訪れてみても「?」と感じるばかりで、その形状を理解できていませんでした。

これは館がすり鉢状に低い地勢にあったからで、一種の谷戸式城館だと理解すれば、それなりに構造を理解することができました。

http://mizuki.my.coocan.jp/yogokun/takomati2.htm#hatirou
 

新城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月31日(日)05時47分38秒
返信・引用
  同じく多古町のお城。

新城は台地先端部が大きく削られてしまっており、遺構は消滅してしまっているだろうと思っていたことと、削られた部分をよじ登るのはとうてい不可能と思ったので、これまで図面を描きに行っていませんでした。

実際に訪れてみると、それなりに遺構は残存していました。

最初、台地基部の方から行こうと思ったのですが、道路がぬかるんでいたのであきらめ、台地先端下の公園駐車場に車を置いて、登れそうなところから無理やり登りました。

ところがヤブがひどすぎて悪戦苦闘。背丈よりも高い笹薮もひどいのだが、それよりも笹薮の間に蔦が多数あって全身に絡みついてくるのである。

この城を訪れる人は台地基部の側からアクセスする方がよいでしょう・・・・グスン。

http://yogokun.my.coocan.jp/sin.htm
 

間倉城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月31日(日)05時42分26秒
返信・引用
  千葉県多古町のお城。

緊急事態宣言で県外に出かけられないので、これまでいろんな事情で図面を描いていなかった近場の城をいくつか回ってきました。

間倉城は、耕作化によって遺構が完全消滅してしまっていたと思っていたのですが、縁部を歩いてみたら、堀の一部が残存していました。

http://yogokun.my.coocan.jp/makura.htm
 

Re: みどり市座間城跡の住所と位置の相違について。

 投稿者:高橋作太郎  投稿日:2021年 1月26日(火)01時25分29秒
返信・引用
  高橋作太郎さんへのお返事です。

> 妙義のけむしさんへのお返事です。
> 群馬県教育委員会発行の群馬県中世城館跡の、分布図17の配置位置を確認すると、やはり一段高い位置を示しているのですが、ご判断は、どのように思われますか。

> > 高橋作太郎さんへのお返事です。
> >
> > > グーグルマップの案内で現地に訪れたが、ここ座間は、河岸段丘であるので、城跡は、もう一段上の人家のない、現在耕作されていない畑で、段々状態で旧道も城館跡略測図に合致していると思われるが、いかがでしょうか?
> > >高橋さんへ
> > この場をお借りします。初めての投稿です。高橋さんはご存じかと思いますが、小学校が廃校となり、取り壊した後にかなり大量の盛り土をしました。余湖くんの1郭の処です。添付ファイルを参照してください。 私も人伝に聞いたもので確約はできませんけどね!
 

Re: みどり市座間城跡の住所と位置の相違について。

 投稿者:高橋作太郎  投稿日:2021年 1月26日(火)01時05分2秒
返信・引用
  妙義のけむしさんへのお返事です。

> 高橋作太郎さんへのお返事です。
>
> > グーグルマップの案内で現地に訪れたが、ここ座間は、河岸段丘であるので、城跡は、もう一段上の人家のない、現在耕作されていない畑で、段々状態で旧道も城館跡略測図に合致していると思われるが、いかがでしょうか?
> >高橋さんへ
> この場をお借りします。初めての投稿です。高橋さんはご存じかと思いますが、小学校が廃校となり、取り壊した後にかなり大量の盛り土をしました。余湖くんの1郭の処です。添付ファイルを参照してください。 私も人伝に聞いたもので確約はできませんけどね!
 

Re: 尻内城

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月21日(木)03時56分39秒
返信・引用
  > No.6985[元記事へ]

おさんへのお返事です。

情報ありがとうございます。

この城については完全に抜け落ちていましたが、確かに『栃木県の中世城郭』にも掲載されていますね。

整備された他の城も含めて、また訪れてみたいものですが、今の状況が落ち着いてこないと、ちょっと難しいですね。
 

尻内城

 投稿者:  投稿日:2021年 1月20日(水)15時06分55秒
返信・引用
  余湖さんが未訪問の城で栃木市にある尻内城を紹介します。
できたら、今度訪問していただき、鳥観図を作成していただけると嬉しいです。
「栃木の中世城館」には掲載されているみたいですが、未読です。

座標
http://maps.gsi.go.jp/#16/36.424753/139.665649/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f2&d=m

ゴルフ場がすぐ横で破壊されている可能性がありますが、5本の堀切(緑色の線)は確実にありました。
Pの位置から登って、行きが赤ルート、帰りが紫ルートです。
勾配は多少あり、雑木林で若干笹薮になっている箇所はあるものの、ずっと尾根道で迷うことはなく、冬であればスニーカーでも歩けるレベルと思います。

あと同日に行ったのですが、同じ栃木市内の栃木城と吹上城に真新しい説明板が設置されていて、縄張り図が掲載されていました。藤沢城も遊歩道や説明板・案内板が整備されていました。合わせて、秋葉城と鹿沼市の大塚城に行きました。こちらは余湖さんの図面を参考にさせていただきました!
また、西方城や二条城が現在藪が取り払われているようです(こちらは未訪問)。
 

Re: 松鶴城!

 投稿者:  投稿日:2021年 1月20日(水)14時34分58秒
返信・引用
  > No.6963[元記事へ]

余湖さんへのお返事です。

松鶴城までは超絶狭い道で直角クランクもあり、森家の墓が途中にあったのですが車を停めるスペースはないわ、対向車が来るわで大変でしたが、どうでしたか?

ところで、1郭と2郭の間=校舎の北側にも石垣があったように思うのですが、後世のものでしょうか。
添付画像は、かなり前に行ったので場所が確実ではないのですが、確か学校の北側に回って撮ったような気がします。

ファイルを見ると12年前だったので懐かしいです。

> これも阿南市のお城。
>
> 土佐泊城主であった森氏が、蜂須賀領内の配置替えで当地に赴いて築いた城。
>
> 海と山に囲まれた天然要害地形である。
>
> http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/anansi.htm#shoukaku
 

Re: 鉾田城!

 投稿者:  投稿日:2021年 1月20日(水)14時23分48秒
返信・引用
  > No.6982[元記事へ]

余湖さんへのお返事です。

鳥居の基礎が写真にも写っているので、もしかしたら昔は神社だったのかもしれませんね。
しかし、水城は山城に比べて遺構が残りづらいですね。

> おさんへのお返事です。
>
> 情報ありがとうございます。標柱は以前は神社に立っていたと思うのですが、立て替えられたのでしょうね。
>
> かつては港を抑える水城だったと思われるのですが、遺構がまったく見られなくなってしまっているのが残念です。
 

Re: 鉾田城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月19日(火)20時49分20秒
返信・引用
  > No.6980[元記事へ]

おさんへのお返事です。

情報ありがとうございます。標柱は以前は神社に立っていたと思うのですが、立て替えられたのでしょうね。

かつては港を抑える水城だったと思われるのですが、遺構がまったく見られなくなってしまっているのが残念です。
 

Re: みどり市座間城跡の住所と位置の相違について。

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月19日(火)20時47分46秒
返信・引用
  > No.6979[元記事へ]

妙義のけむしさんへのお返事です。

解説ありがとうございます。なるほど、この図ですと、山崎一さんの図と同じような感じになっていますね。

やはり上の台地にあったようですね。
 

Re: 鉾田城!

 投稿者:  投稿日:2021年 1月19日(火)19時01分19秒
返信・引用
  > No.6929[元記事へ]

余湖さんへのお返事です。

先日、鉾田城に行ってきました!
標柱が高須病院の裏手の祠(盛土)のところに立っていましたので報告します。

36°09'11.9"N 140°30'34.3"E
36.153315, 140.509537

> 鉾田市の鉾田城は遺構が完全消滅してしまっており、古図なども残されておらず、その形状は幻の城とも呼ばれていた。
>
> しかし、港を抑えるための水城であったという機能と『城郭体系』の記述を念頭に置きながら、明治の迅速地図を見てみると、その形状を復元することができる。
>
> もっとも、想像の産物ではあるが、けっこう合っているんじゃないかな・・・・。
>
> http://yogoazusa.my.coocan.jp/ibaraki/hokota.htm#hokota
 

Re: みどり市座間城跡の住所と位置の相違について。

 投稿者:妙義のけむし  投稿日:2021年 1月19日(火)13時11分18秒
返信・引用
  > No.6977[元記事へ]

高橋作太郎さんへのお返事です。

> グーグルマップの案内で現地に訪れたが、ここ座間は、河岸段丘であるので、城跡は、もう一段上の人家のない、現在耕作されていない畑で、段々状態で旧道も城館跡略測図に合致していると思われるが、いかがでしょうか?
>高橋さんへ
この場をお借りします。初めての投稿です。高橋さんはご存じかと思いますが、小学校が廃校となり、取り壊した後にかなり大量の盛り土をしました。余湖くんの1郭の処です。添付ファイルを参照してください。 私も人伝に聞いたもので確約はできませんけどね!
 

Re: みどり市座間城跡の住所と位置の相違について。

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月18日(月)19時57分14秒
返信・引用
  > No.6977[元記事へ]

高橋作太郎さんへのお返事です。

位置を確認してみましたが、ご指摘の通りに、確かに実際の城址は南側の一段高い所であったようです。

 

みどり市座間城跡の住所と位置の相違について。

 投稿者:高橋作太郎  投稿日:2021年 1月18日(月)14時28分35秒
返信・引用
  グーグルマップの案内で現地に訪れたが、ここ座間は、河岸段丘であるので、城跡は、もう一段上の人家のない、現在耕作されていない畑で、段々状態で旧道も城館跡略測図に合致していると思われるが、いかがでしょうか?
 

図解「地形」と「戦術」で見る日本の城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月10日(日)21時17分6秒
返信・引用
  標記の本が実際に刊行されたようですので改めて紹介します!
全国の中世城郭57城を余湖図を基に解説した本です。
新書版で持ち運びやすいので、城攻めのお供にどうぞ!
920円+税です。
アマゾン等で購入できます。
 

足代城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時22分47秒
返信・引用
  徳島県東みよし町のお城。

杉尾神社の上の台地が城址だが、簡素な形状の城である。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/higasimiyosimati.htm#asiro
 

天神山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時21分47秒
返信・引用
  これも三好市のお城。

展示車になっていて車でアクセスできるのだが、この辺りの道も神社もナビに掲載されておらず、けっこう迷いやすい。

城の周囲は急峻な崖状地形で、そんなところに石積みを積んでいる。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm#tenjinikawa
 

八石城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時20分0秒
返信・引用
  これも三好市のお城。

三重横堀があり、車でアクセスもできるのだが、比高600mもある。

高所の集落を延々走った後、さらに林道を2kmも走ってやっと到達できる。

ここに来るだけでも、すごい達成感である。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm#yatuisi
 

州津城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時18分25秒
返信・引用
  これも三好市のお城。

鳥坂城、畑山城と同様の同心円状の山城である。

山麓の千尋衣神社の近くから、城のある尾根の峠道まで登って行ける。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm#shuutu
 

花駒屋敷!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時17分7秒
返信・引用
  これも三好市のお城。

屋敷とは言っているが、実際には立派な城郭である。

城内は住吉神社の境内となっているので、車で簡単にアクセスできる。

虎口には幅広の土塁が配置されている。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm#hanakoma
 

中西城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時15分53秒
返信・引用
  これも三好市のお城。

白地城の支城の1つ。

かつてアナナイ教の施設があったが、現在は廃墟となっている。そのため車で城内までアクセス可能である。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm#nakanisi
 

天神城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時14分24秒
返信・引用
  これも三好市のお城。

長宗我部氏の侵攻に備えて築かれた城だというが、岩場のため、ほとんど削平地を確保できていない。

城のすぐ背後まで車で来られるので、意外と楽であった。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm#tenjinikeda
 

田尾城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時12分45秒
返信・引用
  徳島県三好市のお城。

長宗我部勢との激戦の城である。

かなりの高所にあるが、車でだいぶ上まで行けて駐車場もある。

城内にも案内が豊富である。一度は行ってみたい城。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/miyosisi02.htm
 

櫛渕城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時10分46秒
返信・引用
  徳島県小松島市のお城。

この地域の支配者だった秋元氏の居城であるが、城内は工場の敷地となって、遺構はほとんど分からない。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/komatujimasi01.htm
 

今津城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時09分40秒
返信・引用
  これも阿南市のお城。

大久寺が城址だが、遺構はほぼ湮滅している。

ただ、天守山と呼ばれている土塁が残されている。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/anansi02.htm#imatu
 

今市城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時08分25秒
返信・引用
  これも阿南市のお城。

八幡神社が城址ということだが、あまり要害性は高くない。2段構造の簡素な城。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/anansi02.htm#imaiti
 

岡山城!

 投稿者:余湖  投稿日:2021年 1月 2日(土)21時07分13秒
返信・引用
  これも阿南市のお城。

室姫神社の祭られている台地が城址。

主郭の背後に櫓台状の土塁が残されている。

http://mizuki.my.coocan.jp/tokusima/anansi02.htm#okayama
 

レンタル掲示板
/70