teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:55/6908 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

真壁城中城庭園発掘現場

 投稿者:あんけん  投稿日:2020年12月 6日(日)17時03分37秒
  通報 返信・引用
  こんにちは、あんけんです。
今年も真壁城の現地説明会に昨日行って来ました。

庭園に入る園路の続きでは二の丸から渡って来た場所に小土塁の基部が見つかり、堀状溝・垣根と併せてクランクさせた園路が枡形みたいな造りになってる遺構が出始めてます。(平面図当該箇所)

また中城南端の池遺構も発掘され半島状に突き出る部分や茶室横の滝的遺構が有り、一度深い池を造ってから浅く造り直した事が判明しました。しかも北側の庭園遺構に集約され早々に廃されて土塁を築かれたそうです。昨年度の南面に続き東面の土塁の復元も進んでますが、遺構地表面と保護の砂の層、その上の土の層とで内面の高さは約半分程になってます。

中城東門土橋も中を刳り貫かれていた南東隅櫓台も復元され、上を歩ける様になってます。整備にあたって櫓跡には東屋を建てるみたいです。

遺物的には中国製青磁がまた出たほか、甕など土器も庭園外で出土した個体よりもより上質なモノが出土してます。また県内の調査が行われた城郭の遺物や案内・現説資料などが並べられ、水戸城・土浦城・笠間城・大宝城などの遺物を拝見したほか常陸太田城現地説明会配布資料などを頂きました。

水戸城の櫓は来年2月竣工だそうです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:55/6908 《前のページ | 次のページ》
/6908