teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:26/6471 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

仇敵・大河ドラマ

 投稿者:余湖  投稿日:2020年 2月 8日(土)05時57分57秒
  通報 返信・引用 編集済
  ここでの私の書き込みを見た人は、私が子供の頃から大河ドラマを見ていた早熟な子供だったと思うかもしれない。しかし、それはまったく事情が異なっている。

子供の私にとって、大河ドラマは仇敵ともいうべき存在であった。というのも、以下のような事情による。

大河ドラマが放送されている時間、その裏側では青春ドラマシリーズが放送されていた。

『天と地と』の裏番組は『俺は男だ!』、『樅の木は残った』の裏番組は『飛び出せ!青春』、『春の坂道』の裏番組は『おこれ男だ!』、『新平家物語』の裏番組は『われら!青春』といった具合である。

この中でも、私が最も好きだったのが『飛び出せ!青春』であった。これが見たくて見たくてたまらなかった。この番組は知らなくても、OP曲の『太陽がくれた季節』を聞いたことがないという人はめったにいないであろう。

https://www.youtube.com/watch?v=K1XZe33pLf0

ちなみに歌といえば『われら!青春』の挿入歌『ふれあい』も好きだった。

https://www.youtube.com/watch?v=xwiZuqzJPng

まあ、歌はともかくとして、とにかくこの青春シリーズが見たくて見たくてたまらなかった。

ところが、この時間、うちでチャンネル権を持っていたのは祖父だった。「日曜8時は大河ドラマを見る」と決められてしまっていたのであった。

昔はテレビは一家に一台しかないし、ビデオも家庭にはない。番組を見たければ、その時間に見るしかなかった。

そこで私は毎回「裏番組を見せてほしい」と頼み込んでは、ダメだと言われる日々を送っていた。

大河ドラマが終わった瞬間にチャンネルを回してみると、いつもドラマの最後の数分間のみ見ることができた。だから、これらのドラマの最後の方しか覚えていない。

それでも、たまに祖父の機嫌がよかったりした時に「今日は、そっちを見てもいいよ」と言われて、喜び勇んでチャンネルを回して、青春物を見せてもらったりした。だから、数回はちゃんと見ることができたのである。

「そんなに言うなら、半分だけ見てもいいよ」と言われて、前半だけ見せてもらったことも何回かあった。

後は日曜の8時にたまたま親戚や友人の家にいた時にも、『飛び出せ!青春』なんかを見ることができた。親戚や友人など、たいていの家庭では『青春シリーズ』の方を見ていたのである。なんで、うちだけ大河ドラマを見てるんだろう、と当時は思っていたものだ。

だから大河ドラマは怨恨の念をもっていつも見ていた。それでいい印象があるはずもなく、その頃の大河ドラマについては断片的な記憶しかないわけである。こんなドラマがあるせいで青春シリーズが見られないんだ、といつも憎々しく思っていた。

それが初めて逆転したのが『国盗り物語』であった。このドラマを見るに及んで、初めて裏番組ではなく、大河ドラマの方が面白い、と思うようになったのである。

だから青春シリーズに続く『俺たちの旅』シリーズなどはほとんど見た記憶がない。

でも、今思うと大河ドラマの方をよく見ておけばよかった。昔の大河は、総集編しか残されておらず、今見たくても、もう見ることができないのである。

断片的にしか記憶のない大河ドラマの細部がどうしても気になってしまう。しかし、それを見るすべは永遠に失われてしまった。なんでNHKはビデオを保存してくれなかったのか・・・・。

特に『樅の木は残った』・・・これは今見るとものすごいドラマである。あれをもう一度フルで見てみたい。

当時は『飛び出せ!青春』の裏番組で、恨みの対象でしかなかった番組だが、断片的にしか残っていない記憶を何とかつなぎ合わせることはできないのか、と思ってしまったりするのである。

最後に。『俺は男だ!』の主演俳優が、私の近所に家を建て、千葉県知事になるなどとは、当時はまったく思っていなかったなあ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:26/6471 《前のページ | 次のページ》
/6471