teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:68/6471 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

伊勢の城

 投稿者:備前守長政  投稿日:2020年 1月15日(水)07時04分25秒
  通報 返信・引用
  少し遅いですが謹賀新年

今年の城廻は伊勢から始めました。

松阪城、津城は35年ぶりです。
いつものように家所城、宮山城、城山城では余湖図のお世話になりました。ありがとうございました。

伊勢上野城は雨に降られなかったので竹藪に眠る遺構も見ることが出来ました。ただ、倒竹が夥しく歩き回るには相当の手間がかかります。

長野氏城、細野城は余り堀切を使わない割とシンプルな縄張です。
長野氏城は城直下まで林道があります。ただ途中から砂利道。すれ違えるところが余りありません(終点には車を転回するスペースはあります)。ガードレールもほとんどない。何より気になったのが山側の法面がもろいこと。道路脇には人頭大の石がいくつも転がっていました。
成程、ちょくちょく通行止めになるはずです。ということでいつ石が落ちて通行不能になるか心配で、ビビりながら大急ぎで回ってきました。
ただ、主郭からの眺望は素晴らしいものがあります。

雲林院城は林光寺の南の墓地の脇から山上に道が通じて、楽に主郭まで行けます。ただ主郭は笹などに覆われていて状況が今一つわかりません。寧ろ南の支尾根の遺構が観察しやすくなっています。主郭下の鉄塔から南に作業用の階段等があり、鉄塔まで降りられれば簡単に行けます。
ただ、主郭から鉄塔のある平場までの道が消えていてしかも茨が繁茂してるので注意が必要です。

それではまた。今年も宜しくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:68/6471 《前のページ | 次のページ》
/6471