teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:290/6266 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

自分は時代遅れか

 投稿者:余湖  投稿日:2019年 5月20日(月)04時51分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  私は相変わらずホームページを更新し続けている。
しかし、このことに関して「まだホームページなんかやっているんだ? もう時代遅れだよ。今はTwitter、facebook、インスタの時代だよ」と言われることがある。

確かに、個人作成のホームページは衰退する一方のようで、天下のyahooまでもがgoecityを廃止してしまったのは、大きな転換点であったと思う。これによってかなりの数のホームページが失われてしまったのではないだろうか。個人でホームページを運営すること自体が、かなりの負担な時代になりつつある。

実は、Twitter、facebook、インスタのいずれも、だいぶ前からアカウントは持っている。しかし、ほとんど使っていない。

というのも「ホームページは時代遅れだよ」ということが私には理解できないのである。

なぜなら、ネット上で城のことを調べようとすると、依然として、それなりに作られているホームページの情報が一番役に立つからである。

この世から、個人のホームページがなくなってしまったら、城の情報を的確に得るのに苦労してしまうのではないかと思う。

そういう意味で、「自分は世の中のお城好きの役に立つことをやっている」というのがモチーフとなっており、それで23年以上もホームページを運営しているのである。

ちなみに、私にとって使えるお城のページの1番の要素は「位置情報がしっかりとしている」ということである。

どんなに内容が優れていたり、素晴らしい図面が掲載されていたとしても、どこにあるのか分からないような内容では、まったく役に立たない。遺構は自分の目で確かめられるし、図面も自分で書けばいい。だけど、場所が分からなくてはどうしようもないのである。

その次に重要なのはアクセス方法が掲載されているかどうかである。有名なお城ならともかく、ほとんどの中世城郭はろくに道もついていなかったり、むやみに歩き回れない私有地であったりする。車をどこに停められるかについても、重要なポイントである。ほとんどの城を車で回っているので、停められるところがなかったらどうしようもない。

苦労してヤブ漕ぎ直登して城址に到達したら、きちんとしたいい道が付けられていた、なんてことはざらにある。

一番悔しいのは、かなり時間をかけて直登して登ったところで、きれいな車道と遭遇した時である。こういう時は「ちゃんと調べておけばよかった」と切ない気持ちになってしまうのだが、意外とネットでそういう情報が得られない場合があったりする。

地図を見て「車で行けるいい道がある!」と期待していったら、輪留めがしてあって一般車両が通行できないケースもある。そういう事情も事前にわかっていたら、現場でがっかりせずに済むのである。

そうした意味も含めて、自分は相も変わらずホームページを更新し続けているのである。自分が生きている限りは、これを続けていくことになるんだろうなあ。でも、時代遅れだと言われてしまうと、テンションがさがってしまうのであった・・・・。
 
 
》記事一覧表示

新着順:290/6266 《前のページ | 次のページ》
/6266