teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


閉店セール

 投稿者:タナカ@大阪府メール  投稿日:2011年 8月24日(水)22時20分54秒
  本日閉店セールに伺いました。
通常のCD、LPは、23~25日は30%オフ、26~28日は50%オフです。
また、店の表では、非売品は500円均一、安価な商品はひと箱1000円(7~8作品入り)、また、雑誌類も販売されていて、とてもお買い得です。
お店には、玲子夫人、藤岡さんもおられ、もしお時間のある方は、
是非お店に寄って頂ければと思います。
 
 

ご冥福をお祈り致します。

 投稿者:テクノハマ-メール  投稿日:2011年 8月23日(火)14時02分35秒
  まさに今日お亡くなりになった事を知りました。
急逝される前夜のロイヤルホ-スでのライブ、気になりながらも結局行けませんでしたが、
三村さんがいらしていたとは・・・
余りにも急で何と申し上げたらよいか言葉も有りません。
jazzをこよなく愛した三村さん、貴方は最期までjazzと共に有りましたね。
貴方の事は決して忘れませんから・・・
きっと天国で早速お店を出してあの笑顔でjazzを語っている事でしよう。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。  合掌
 

まいど....が聞けない

 投稿者:iwataメール  投稿日:2011年 8月 7日(日)21時42分45秒
  葬儀から1週間たちましたが、この1週間毎日三村さんのことが思い浮かびます。年に数回しか店に行かなかったのが今になると本当に悔しい。つい、7月頭、三村さんから久しぶりにメールが来たと思ったら店で使ってたイスが折れてしまって、同じ物また欲しいとのこと。前のイスも、私から購入してもらい、今回はもう少し頑丈なやつにしたらどう?と薦めると、いや、このサイズしか入らんし、気に入ってるんで、ということでした。メールもらったとき、香港にいたんで、会社に連絡してすぐに送ってもらいましたが、いつもなら、自分で持って行って、ついでにCD買ったり、話ししたりするのに。帰ってからもすぐに行こうと思いながらのびのびになってました、本当に残念。あの、まいど...がもう聞けない。
樟葉ワルツ堂からの付き合い、お互い独身でジャズの話、一杯教えてくれましたね。私の好みも承知でいつもいろんな知らないCD薦めてくれました。あれから25年ぐらいたちますね。あの頃貸したキースジャレットのコンサートVHSビデオ、忘れてると思うけど、まだ返してもらってないよ--三村さん!ほんと、早すぎるで! ANAの機内誌の弁当のページ見るたびに三村さんのこと思い出します。
 

素敵な出会いの仕掛け人

 投稿者:枚方・M  投稿日:2011年 8月 5日(金)22時05分19秒
  三村晃夫さん急逝から1週間。
心の中にぽっかりと大きく深い闇ができてしまい、
お付き合いさせていただいた日々を思うものの堂々巡りばかり。

いつもお話されていたご家族のご心痛を思えば、
音楽を聴く気にもなれない悲しい毎日です。



三村さんと出会って特にありがたかったのは、いろんな方と出会えたこと。
中でも印象的なのは、2005年に隠れ家ライブでお目にかかった、才気溢れる西山瞳さん。
若い才能をさりげなく応援する三村さんの優しさを実感したのもこのときでした。

その後、三村さんの人脈の広さに比例するようにライブ等ご一緒させていただく機会が
増え、Mr.Kelly'sでの西山さんの恒例ライブはもちろんのこと、
JAZZ ON TOPでの、清水ひろみさん&ドン・フリードマン氏との夢の共演や
SSJさんが企画されたイーデン・アトウッドさんの来日ライブ、
Back Stageでの佐藤允彦さんのアイデア豊かなソロライブ等々数知れず。

超ご多忙の中、珍しく京都に来られたのは、三村さんイチ推しのle club jazzでの
マグナス・ヨルト氏初来日の昨年。
この時は、地の利のある私が予約や携帯で道案内させていただいたのを思い出します。

さらに音楽以外でも、入手困難な桂南光師匠の独演会チケットを確保いただいたばかりか、
楽屋にお誘いいただき記念写真まで!
三村さんご自慢の、美しい奥様に初めてお会いしたのもこの時でした。

こうしたお楽しみのあとは、余韻を語り合いながら一緒に帰路に着き、
大阪・梅田だったら、JR東西線で北新地から京橋まで行って京阪電車に乗り換え、
寝屋川で降りる三村さんと別れ、一人枚方まで帰るのがおきまりパターンでした。


三村さんの最期の帰路。おそらくいつもと同じルートだったのでしょう。
そして、運命のいたずらというには余りにも過酷なのは、私が無念にもこの
ライブには参加していなかったこと。
あの日、帰り道をご一緒できていれば、よもや、との思いが日増しに強まってきて、
つらいです。



しかし、ぼちぼちこのあたりで気持ちを切り替えないと。
土曜は思い切って荒療治ライブに出かけるつもりです。
とは言っても、三村さんとの思い出一杯のお店はちょっとつらいので、
初めてのところに行ってみます。
音楽好きの三村さんが感づいて、はるばるやって来てくれそうな気がします。

最後になりましたが、三村晃夫さんのご冥福と、
ご遺族の皆様の一日も早い再起を心からお祈り申し上げます。

 

今になって知りました。

 投稿者:口笛太郎  投稿日:2011年 8月 4日(木)09時54分3秒
  お亡くなりになったことは非常に寂しく、今になってそれを知ったのが非常に悔しいです。
マイミクだし、Facebookも友達だったし、ツイッターもフォローしてたのに・・・。ちょっと見なかっただけでこんなに時間が経って知ることになるとは。
この前、ツイッターで返信あったばかりなのに・・・。
ESTのワルツ堂の店の奥でメガネをちょっとズラし気味にして、エプロン付けたお茶目な姿が忘れられません。
もうこんなJAZZを愛してる人とも出会わない気がします。三村さん、最高でした。
僕たちにとっては、エバンスやマイルスをもう一度失うようなものです。
心よりご冥福をお祈りします。

http://yampi.exblog.jp/16684195/

 

ありがとうございました。

 投稿者:S-Jazz  投稿日:2011年 8月 3日(水)17時40分29秒
  未だに信じられません。
高校生の頃、通っていたワルツ堂(郊外のスーパー店)にミムラさんがおられました。
閉店後、レコードを小脇に抱え足早に行かれる姿をお見かけし「何処に行かれるのですか?」と尋ねると
「これからが仕事なんや」と言われるのを当時は不思議に思っていました。
近くの喫茶店でお会いした時、ミムラさんがお勘定を済ませてくださっていた事もありました。
僕もあんな粋な大人になりたいなぁと思ったものです。
ある日、お店に行くとミムラさんがおられず転勤されたとの事でした。

それから数年・・・
ホームページでミムラさんを発見!腰を抜かすくらい驚きました。
隅から隅までサイトをチェックし、当時の謎が解けました。
お会いして当時のお礼を言いに行こう。
でも、冷静に考えると今から約20年前の事、覚えてくれてはるかなぁと少し不安になってきました。
それでも週末お店に向かいました。ドアを開ける時は緊張しました。
「僕のこと覚えてくれてはりますか?」
「面影あるある、覚えてるよ~。もう何年前になるかなぁ。」と
言っていただいた時は本当に嬉しかった。お礼はもちろん、当時のお話を色々させていただきました。

近々、お店に行こうと思っていたところなのに・・・
もっとJAZZのお話などさせていただいたり、教えてほしかったです。
お会い出来ないのは本当に辛いです。
今までありがとうございました。これからもJAZZを愛し続けます。
こころからご冥福をお祈り申し上げます。
 

びっくりしました。

 投稿者:トヨナカITO  投稿日:2011年 8月 3日(水)09時57分22秒
   2日一週間ぶりに店に行くとシャッターが降りてあり、
お知らせが貼ってあったので気になりHPを見てびっくりしました。
以前伺ったとき、このところ健康診断に行ってないなあとのことでしたので
お互い元気が何よりだと話をしたのに残念でなりません。
27日のブログがその前兆だったのですね。
 ジャズの楽しさを語るあの笑顔が忘れられません。
ただただご冥福をお祈りするばかりです。 
 

残念でたまりません

 投稿者:Vman  投稿日:2011年 8月 2日(火)23時52分44秒
  ひと月ほど前に社用で試聴用のJAZZ LPレコードを色々選んで頂きました
私の好みや使用する要件をお聞き頂き選んで頂いた16枚
持ち帰り全て聞きましたがどれも三村さんの的確なアドバイス通りの素晴らしいLPでした
試聴しなくても演奏がインスピレーション出来る的確なアドバイスで
又、相談に伺おうと思っていた矢先の悲しいお知らせに際して信じられない、残念な気持ちで一杯です。
これからも大切に聴かせて頂きます。

 

同学年でした

 投稿者:はせ  投稿日:2011年 8月 2日(火)09時12分44秒
  ショックです。子供のことなど色々と相談にのっていただき本当に仏さんみたいにやさしい人でした。天国でおいしいコーヒー飲みながらゆっくりJAZZ聴いてくださいね。
 

信じたくない

 投稿者:kimuta1101  投稿日:2011年 8月 1日(月)08時38分1秒
  訃報を伺ってから、悲しくて悲しくてたまりません。
お店のドアを開けると、いつもあの笑顔で温かく迎えてくれて悩み事でも何でも話して
しまう、そして聞いてくださる温かい方でした。
信じたくなくて、告別式も勇気を振り絞って・・・・
安らかなとても綺麗なお顔をされていました・・・・
今まで主人と親しくして下さってありがとうございました。
三ちゃんの事、ずっとずっと忘れません。
 

レンタル掲示板
/15