teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


〓新掲示板>④

 投稿者:浄徹  投稿日:2016年 9月29日(木)16時15分29秒
   ver4.0 へ移行します。

 http://9321.teacup.com/jyoutetu/bbs
 
 

★HP移動>新版・浄徹の部屋へ

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月31日(火)07時15分21秒
編集済
   掲示ファイル数が1000件に近づいたので9月1日(水曜日)からアドレスが変更になります。

 新版のアドレスは本日更に改良予定で明日までには掲載します。
 

★昨夜の大雨>県北

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月31日(火)07時07分43秒
   昨夕は岡山・広島県北に雷雨・大雨・洪水注意報がでるうな気象状態だったので車のドアを閉め切ったが残念ながら北東へ移動して本日は今のところ雨雲は見られない。  

★続>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月31日(火)07時01分31秒
   昨年落下したニガウリの種子まで発芽して小さな姿を見せる。すでに一個は黄色く実って種子を落としている。  

★今朝の風景>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月31日(火)06時56分31秒
   桔梗アサガオが最後のアガキの如く赤・青と咲き野生アサガオに対抗:  

★川のある風景>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月30日(月)07時12分7秒
編集済
   海部川の名所 > 皆の瀬

 この清らかな水の色と辺りの景観に囲まれて鮎釣りをする至福のひと時は何ものにも代えがたい。

 橋から上流・下流・直下>
 

★食の祭典>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月30日(月)07時04分39秒
   ①すもも:

 ②枝豆:
 

★今朝の風景>野生アサガオ

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月30日(月)06時54分39秒
   少しづつだが連日可憐な花が咲きだした。  

★気象のページ>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月29日(日)04時59分19秒
   ひまわり画像と熱帯性低気圧の動き>  

★期待外れの花火大会>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月29日(日)04時55分30秒
編集済
   競技としての花火大会と夏の風物詩としての打ち上げ花火はオリンピックの規定競技とアイスショーのように違っているのを知った。

 花火師という職業があることは理解できたが。
 

★全国花火大会>NHK中継

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月28日(土)18時33分11秒
編集済
   ●秋田・大曲の全国花火大会:今夜7:00~9:45<NHK・BSi中継●  

★野生アサガオ>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月28日(土)09時21分59秒
   昨年高屋川べりで採取してきた野生の桔梗アサガオが今朝三枚の花を咲かせた。

 可憐な色合いと型のアサガオだが花弁は一枚しかない。
 

★三川・本流>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月28日(土)05時34分51秒
編集済
   前日手当した大事なオトリを連れて小谷堰堤の上の流れにいる鮎を釣りに出かけてきた。

 昨年と同様にチョウチン仕掛けに糸を竿に巻きつけて10号鉛をオトリの鼻先の平素『背バリ』として使っているハリに鉛を挟んで荒瀬へ置いて追いを待つと最初に13cmくらいのがかかるがオトリとしては変わらず再度追いを待つ。

 風のため水面が波立って水中の様子がよくわからないかって困ったがオトリはよく泳いで追いかけてくる鮎がそばへ来るのが見える。

 今年の三川・小谷堰堤部には先日投網で捕獲した22cmが最長でそれより大型の鮎は見えず結局16cmが腹掛かりして即死し大物は諦めた。この河川も所詮は現在では小型鮎しか釣れないのだ。

 かっての猛暑はないので昼飯を車の陰で食べてふれあいロードから三川ダム上流へ移動。

 ダムの水位が下がって昨年のように淵が流れに変化し多数の小型鮎が群れている。

 更に水害のあった竹藪の所から橋の上流にも多数の小型鮎がいてこの状態は桜並木へ続く。水が出れば入れ掛かりは間違いない。小型ながら数釣りが再度楽しめることは必定だ。

 網が入っているが釣りとは無関係でこれだけ鮎がいれば静かに釣れば今後とも数釣りができそうで納得して帰宅した。スガケで充分オトリは確保可能。

 ①水没していた下流の瀬

 ②竹藪に向かう瀬

 ③橋から上流の風景
 

★現在の気象衛星>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月28日(土)05時09分38秒
   再度猛暑も陽が照らねば暑さ加減は減少している。  

★待望久しい夕立<昨夕

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月28日(土)05時05分27秒
   蒸し暑いと思っていたら5時過ぎから待望久しい夕立に大喜びも束の間で張り出した太平洋高気圧の周辺を迂回して北上中。それでも大急ぎで雨水を集めて草木に水を撒いて一息ついた。NHK-広島では府中・福山に大雨洪水注意報が出る始末で府中が主だったようだ。

 レーダーの時間的経緯を見れば瀬戸内から北上してきた雨雲が一時間程度で通過しこの分では芦田川上流に雨水は殆んど見られない。

 ①PM5:30 ②5:50 ③6:20 のレーダー画像>
 

★今日も曇り日>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月27日(金)07時27分20秒
編集済
   期待を込めて>二つの熱帯性低気圧の雲がかかって猛暑から解放されそうだ。  

★多摩川の遡上鮎>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月27日(金)07時23分58秒
   196万尾と昨年の4倍遡上していることが調査で判明:  

★宇津戸川>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月27日(金)07時17分6秒
   8月に入って初めて友釣りにでかけた。雲がでて灼熱の太陽から避けられそうだったので川の状態調査を兼ねて急遽釣行。

 水槽の中で泳げそうなのを3尾オトリに用意して上流の間処ポイントで開始。追いかけが見えているがなかなか掛からない。仕方なく投網でオトリを4尾確保して昼弁当とし2時から再開。

 この間に捕獲したオトリは弱っているが何とか1尾がかかる。小型だがやはり泳ぎはいい。さらに小型をかけたがこれはバレる。執拗に下流へ釣り下がると18cmのいいのがやっと掛かって今度は場所移動。

 ここからが南風でダメだった。牛舎のところにかなり大物が見えるので辛抱しようかと考えたが中止しさらに下流へ。ここもやはり悪臭で諦めて今日は本流の小谷堰堤で昨年のように鉛で止めて昨年のように釣れるかどうか。
 

★もう少し辛抱>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月26日(木)08時42分34秒
   春は花 夏ホトトギス 秋は月 冬雪冴えて涼しかりけり < 道元禅師

  なかなか淡々とした心境にはなれぬが同じ状態は続かない。
 

★川のある風景>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月26日(木)07時33分32秒
   全長50kmに満たない徳島南端の二級河川・海部川は全国でも有数の美しい河川と鮎で知られる。

 上流部は友釣り専用区になっていて魚影が濃厚だ。
 

★経済指標>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月26日(木)07時24分32秒
   猛暑と逆に深刻な円高・日米株安で混迷する政府は打つ妙手なく企業の海外移転や部品の逆輸入でしのぐ状態と日経新聞は伝える。

 ①為替>1ドルが83円まで一時急落

 ②日経225指数>

 ③NYダウ指数>
 

★川のある風景>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月25日(水)07時13分52秒
   昨年の仁淀川遠征は伊予のかんぽの宿へ宿泊して眼下の仁淀橋の下流から釣り始めたが船漁の最終日に出くわして釣り場が荒らされて上流で小型のみだった。  

★8月25日(水)満月>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月25日(水)06時59分48秒
   早朝の満月を撮影:  

★夕方になると雷雲発生>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月24日(火)08時25分53秒
   最近の特徴は夕方になると山間部に雷雲が発生し大雨・雷雨・洪水注意報がでている。

 ●昨日の時間的雲の変化:

  ①16:30 ②18:30 ③今朝:
 

★やがては>shall pass away

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月24日(火)07時28分5秒
編集済
   良寛和尚の名句である 『 散る桜 残る桜も 散る桜 』 ではないが後期になってよく開花してくれた桔梗アサガオも終焉が近くなり やがては正月用の種子を残して枯葉になるのだろう。人生に通じるものがある。儚い(はかない)というより自然の摂理に従って受用してゆくところに共感があり寿命の短さに感動を感じるのだろう。

 民主党の総裁選びはこの重要な摂理を忘れて俗事に翻弄されていて如何にも人間臭く刹那的事象にすぎない。やはり総理の椅子は捨てがたい魔力に満ちているのだろう。

 ハス・蝉・アサガオの自然体から学ぶべきことは多い。多いが故に興味を感じている。
 

★その後の蝉の抜け殻>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月24日(火)07時10分41秒
   色々な場所で脱皮している。  

★真夏>徐々に秋へ移行中

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月24日(火)07時08分32秒
   ツバメの子供たちも巣へ帰らなくなりハスは開花終了して結実。アサガオはかろうじて居残る中でクマゼミの鳴き声が聞かれなくなった。猛暑に鳴くクマゼミの声は真夏の祭典であろう。今年も多くのクマゼミが地面の穴から這い出して羽化し残骸を至る所に残して去った。

 ●クマゼミの抜け出た地面の穴跡:
 

★秋田・大曲の花火大会中継>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月23日(月)17時44分4秒
編集済
   NHK秋田放送局は恒例の全国花火大会の中継をNHK-BShiで中継・放映します。

  ●8月28日(土曜):7~9:45 →詳細>

 http://www.nhk.or.jp/omagari-hanabi/?from=tp_ab01
 

★昼過ぎになると雷雲>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月23日(月)17時13分8秒
   ここ数日昼すぎになると山側で雷雲が発生しているが内陸に届かない。  

★調査>現在の鮎・釣果情報

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月23日(月)10時31分46秒
編集済
   お盆の混雑も終わり遠征の準備のため遠征できそうな河川の鮎情報を収集してみた。

 ①鳥取:日野川>8/20(金):根雨=12尾(16~22)

 ②島根:高津川>まずまず

 ③兵庫:千種川>旧中学校前:15(20~25)朝と夕

 ④兵庫:揖保川>全体に型は大きくなっているが数が少ない:8/21(木)37(18~25)は例外

 ⑤三重:宮川上流>8/22:6~8と釣果が激減し釣り人も減少

 ⑥三重:大内山川>8/22:15(22~23)

 ⑦徳島:勝浦川>8/22:17(18~24)

 ⑧広島:江の川>8/23:水温30℃:8/21>ナメラで29尾も8/22=0

 ⑨徳島:海部川>⑧/21<少しづつ良くなっている → Youtube で anothejさんを検索すれば動画が見られる。
 

★猛暑>曲り角へ

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月23日(月)07時21分33秒
   依然として続く猛暑に変化の兆しが見られてきた。  

★今朝の風景>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月23日(月)07時16分28秒
   ①昨日同行して広島の原爆資料館へでかけた家族

 ②残りアサガオが咲く
 

★初めての保険医講習>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月22日(日)09時44分38秒
編集済
   正式に保険医療の申請をして許可を得たのが昭和46年だから39年前になるが中国四国厚生局長から健康保険法第73条とやらの規定により保険診療の適正化を図る目的で各医療機関の開設者に集団指導という名目で講習会が広島・横川の西区文化センターで2時間の出席通知書類がきて本日よく分からないまま兎も角昼の12:30~14:30まで講習会に出かける羽目になった。

 この講習を受けないと保険診療に支障をきたしては困るので初めてこの種の講習にでかけてくるがIT時代に随分無駄と労力を使う厚生行政だと思う。

 片方でカルテのIT 化を叫びながら多忙な医療関係者を集めて講習会もないものだが泣く子とお役人には従うのが世のナライというもので少しは社会勉強になるやもしれぬ。

 こちらは鮎漁が絶不調だから許せるが例年なら欠席しているだろう。年配下の役人の戯言だと思わずに『徳無きは憐れむべし』の仏道の精神に従って出席してくるが役人も2時間の間何の話をするのだろうか。無益というべきだろう。
 

★山野川・矢川>鮎不在

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月22日(日)06時30分7秒
編集済
   昨日昼帰宅した次男と山野川・県境部と矢川下流を潜ってみたが鮎の姿はわずか2匹のみ。深みは砂で埋まりオイカワ・カワムツとムギツクが見えるだけで投網の使用する場所はなく潜っただけで帰宅した。

 オヤジも歳をとったと言っていた次男もさすがの現実にこれでは川へゆかぬのも無理はないと納得。兎も角鮎の姿が見えない山野川だった。それでも島串が残っているので建て網の鑑札だけは購入し8月25日以降にはもう一度島串を歩いてみる。

 府中の山田氏から二日続けて電話があったそうで江の川の支流に鮎がいると家人が聞いて伝えてくれたが小型でいいなら三川で充分鮎はいるので今更江の川まではとても気が進まない。

 県境の深みは砂で埋もれて平凡な場所に成り果ていたのには失望したが又水が出て淵の復活を期待したい。

 2008年・2009年の県境の鮎の写真が残っていたが今年は残念ながら撮影する鮎がいない。

 ①山野川>県境

 ②2008年の県境の鮎

 ③2009年>

 段々と鮎がいなくなってきた。

 三川で捕獲した鮎を残していたので助かった。
 

★今日も猛暑>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月21日(土)07時36分11秒
   張り出した太平洋高気圧の勢いは衰えない。  

★徳島・勝浦川>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月21日(土)07時29分35秒
   二級河川だが天然遡上もあり引きもよく潜れば多数の鮎がみえる勝浦川は上流の上桂地区には温泉宿もあって遠征には手頃な河川の一つ。但し海部川や仁淀川と同じで鮎がいてもなかなか掛からず夕刻の一時がチャンス。

 今日は次男が昼過ぎに帰宅するので山野川で夕食用の鮎を捕まえねばならぬが何処へゆけば鮎がいるか。島串は時間的に無理なので試案中。
 

★小田原記念>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月20日(金)17時50分7秒
   明日から61周年記念開催。好メンバーが揃う。

 その後9月に入るとオールスターが福島で開催される。
 

★夕方には雷雲>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月20日(金)17時31分39秒
   昨日に次いで夕方には山間部に雷雲発生。  

★沼田川>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月20日(金)09時25分45秒
   投網解禁時の増水した沼田川:  

★38..3°C<

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月20日(金)09時10分20秒
編集済
   昨日日本で最も暑くなった福山市の38.3°Cは観測史上最高だったという。

 今日の気圧配置も同じで猛暑になりそうだが一度沼田川を潜ってみようかと考えているがこれまでの調査で鮎の姿が見られていない。

 空港大橋付近と上河内の荒瀬は確認してみたい。
 

★細々と>アサガオ咲く

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月20日(金)09時04分22秒
   今朝は小さいながら数個の花が咲いている。  

★記録的猛暑>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月19日(木)18時48分48秒
   今日の福山市は記録に残る猛暑となり38度Cを超す。

 県北部に雷雲発生>
 

★小谷堰堤>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月19日(木)09時46分58秒
   下流から堰堤部を見る:  

★昨年の小谷堰堤>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月19日(木)07時10分45秒
編集済
   23~25cmをチョウチン仕掛けの10号鉛で石に止めて釣り上げた。  

★小谷>堰堤部

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月19日(木)07時07分2秒
   すぐ上の岩盤様の石に大型が育つが流れが強く釣りでも網でも捕獲が難しい。

 昨年は友釣りで25cmが最大寸。
 

★三川>22cmまで

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月19日(木)06時50分16秒
   小型で網から抜け出る鮎は多数いるが網の目を細かくしないと捕獲は無理だが今年最長寸の22cmが一尾捕れたのみで37度Cの灼熱のため水から出れば地獄状態に2時までやって家へ帰り昼飯とした。

 三川のこの場所は昨年25CMが釣れたところだが今年はどこを見ても小さくてこれがこの河川の限界か。落ち鮎の頃にならないと大型は無理だろう。
 

★三川・本流>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月19日(木)06時42分26秒
   小谷大橋下流の堰堤で投網:  

★今日の紫外線>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月18日(水)08時33分4秒
   予測>  

★川のある風景>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月18日(水)06時54分31秒
   この猛暑で友釣りもないと思うのだが。

 今日は投網を持って三川へでかけてみようかと考えている。

 次男が週末に帰宅するので鮎が必要だが小型でも仕方がない。
 

★依然として猛暑>

 投稿者:浄徹  投稿日:2010年 8月18日(水)06時50分2秒
   雷雲があるも上空の偏西風の流れに乗って夏型が続き猛暑の日本列島。  

レンタル掲示板
/20