teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


マーガレット展のリポート

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 3月26日(月)14時45分21秒
  150829の日記と
一緒に見に行った友人あてのまとめメールから
レポート風に(^^)してみました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
15.08.29日
マーガレット展に行ってきました

土田よしこ先生 旨い!!!
つる姫じゃーのカラー原稿に吃驚!
コマ運び、ポージング、セリフの呼吸のうまさ!
凄かった

西谷祥子先生の原画きれい
レモンとさくらんぼ、マリィルウ

http://haruyadotnet.sakura.ne.jp/bbs/src/1521668094585.jpg

水野英子先生の原画きれい

お二人の先生に共通してるのは
ほとんどホワイトを使ってないことです
目を凝らし、目一杯近寄ってみましたが
目の星や窓は、
「黒く塗った上にホワイト」ではなく ベタ、ペンでのクロの描き込みで
塗り残し、白く抜いてにしてあります。

あすなひろし先生のホワイトを使わない書き込みのすさまじさ
はよく言われるところですが あの頃の絵のきれいな先生方は
共通してホワイトを極力使わなかったのですね。まさに職人的!

和田慎二さんの展示もありました。新宿の漫画喫茶コボタンでやっていた
マッチ箱水彩画展を思い出します。デビューしたばかりでしたから
昭和46年だと思います。

デジタルではない手書き原画の人もまだ現在いるんですね
知ってるのは「俺物語」
今のマーガレットの現状は知りませんが
最近のは日本を舞台にした学園物ばかりなんですかね

べるばら関連が多かった印象
正直、個人的にはあまり用事がないので
少し損したような気がしました(^^)(^^;)

フレンド展 リボン展 なんかも見たい
週刊はフレンドだけ買ってましたもんね(^^)
大和和紀、杉本啓子、神奈幸子、飛鳥幸子さんなんか
読んでましたなあ

行って良かったです(^^)
ーーーーーーーーーーー
以上でしたが、遅れまくったレポートですみませんでした。

京都マンガミュージアムでは原画ダッシュと言う
複製の出来をよく見てこようと思います。
白、黒、青鉛筆の後、鉛筆の書き込み、
貼りあわせのセロテープの跡
そしてカラー原稿の色合いなどは
多分よく復元されてるとは思いますが、
ホワイトを乗せた後、それからペンのくい込み等は再現できてないでしょうね、と予想します(^^)
よーく見てきます(^^)

これは遅れないうちにレポートしたいと思います(^^)
ではまた
 
 

お久しぶりです(^^)

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 3月23日(金)14時46分18秒
  西谷祥子ファンさん
ボルドーさん
そして皆様
ご無沙汰しています。管理人の斎藤です。

書き込みありがとうございます。
そして有益な情報ありがとうございます(^^)

京都国際マンガミュージアム  行きます!(^^)
えーと、私事ですが
斎藤は毎年ゴールデンウィークには京都に行っております。
まさに 渡りに舟 の情報、ありがとうございます。

毎年、5月3日は京都大会・錬士六段の部に出場しているのでした。
平安神宮の一角 剣道の聖地である京都武徳殿で行われるのですが
立ち会いが終わり次第、行きたいです!(^^)
3日に行けなければ4日に行きます。

皆様、管理人にあるまじく掲示板を放置していて申し訳ありません。
とても元気にやっております。ほとんど仕事と剣道ですが(^^)
日々の仕事もフルタイムでがんばっております。
近頃の仕事量ですが 数量ベースで この2年間できっちり5割増になっています。
この年になってこんだけ働くようになるとは思いませんでした。(^^;)

時間の経過はおそろしい程 早く、
以前、ウメさんの質問にお答えしたのがもはや2年半も前ではありませんか(@@;)

今も西谷祥子先生の作品を始め、漫画から得られた力が
自分の中に根付いているのを感じます。
この力から発生した「物好きの血(^^)」が自分の中にある限り
元気でいられると思います(^^)

西谷祥子先生と皆様のご健康を祈念いたします。

PS 以前 見に行ったマーガレット展の
感想とレポート書き込むのをすっかり忘れていました(^^;)
後ほど書き込みますので
             ではまた
 

京都国際マンガミュージアム!

 投稿者:ボルドー2033  投稿日:2018年 3月18日(日)13時55分23秒
  "西谷祥子ファン"様、
京都国際マンガミュージアムでのイベントの件、教えてくださってありがとうございます。
時たまチェックしていたのですけど、ここしばらく見ていませんでした。
こちらの掲示板に来るのも久々です。
管理人様もお元気でしょうか?
西谷先生には最大限の感謝を伝えたいです。
先生の作品に出合い、ポジティブに生きることを学びました。
 

京都国際マンガミュージアムにて

 投稿者:西谷祥子ファン  投稿日:2018年 3月14日(水)19時41分12秒
  最近、書込みが少なく残念です・・・そう言う私も何年かぶりの投稿です。時間の流れは本当に早く・・・ではなく超特急ですね。西谷祥子先生ご自身も、そしてファン(愛読者)も中高年と言われる世代になってしまいました。西谷先生が御活躍されたのは半世紀前でもう50年もの月日が流れてしまいました。時々西谷先生の作品を読み返してはもう50年も前に書かれた作品なのに現代でも受け入れられるのではないか・・と想像します。ネットを見ていたら何と!何と!今「京都国際マンガミュージアム」のイベントで5月27日まで3人の人気作家の展示会が開催せれています。トップに西谷祥子先生の名前があるのには「さすがに凄い!」の一言です。原画(ダッシュ)も受注販売で1枚10万円で販売しているようです。高価すぎて買えないけどポストカードは200円で販売しているそうなのでこちらなら買えそう!です。ネットで調べて一度行かれてはいかがでしょうか?GWを利用して行ってみようと思っています。・・・・・もう無理かも判りませんが新たな「単行本」の発売を待っています。私個人の好きな作品は「白鳥の歌」「わたぼうし」「ぎんなんの涙」「純白のマリーゴールド」「金色のジェニー」などなど単行本化されていない名作が本当に多く残念で仕方ありません!カラーイラスト集が出版されないことも本当に残念です。それと漫画の扉絵ばかり集めた単行本も出版されたら嬉しいです。漫画の扉絵は本当にきれいで夢を見させてくれました。50年たった今でも「西谷祥子先生は不滅の大作家!」と言えそうです!「京都国際マンガミュージアム」で検索して見てください・・・展示されている懐かしい作品が見られます!西谷祥子先生がこのHPを見ることが有れば「いつまでもいつまでもお元気で!そして単行本化を待っております!」ってお伝えしたいです!長い文章ですみません!管理人様もお元気で!そしてありがとうございます!  

10月2日は西谷祥子先生の72歳のお誕生日

 投稿者:ぽっぽやのむすめ  投稿日:2015年10月 2日(金)01時38分54秒
  たまたまお誕生日にこの先生の本を読み返しました。わたしだけの道
ブルグに載せたところです。
再版を切に願います。私の人生の曇りガラスを自分で拭きなさいと、教えてくださった。先生との出会いでした。今の若い方にも素晴らしい処方箋になると思います。美しい風景と主人公の葛藤に本当の感慨無量と成るはずです。

http://plaza.rakuten.co.jp/poppoyanomusume/

 

こ、これです!!

 投稿者:うめ  投稿日:2015年 9月13日(日)22時10分37秒
  斉藤様、ありがとうございます!!!
これです、これ!!!!
まちがいありません(;▽;)

表紙にはピンと来るものがありませんでしたが、内容の画像の、あの凛々しい男装の麗しいお姉さま!その足元で悶絶する男たち!
幼かった私の心にとても衝撃的でした
それにしても週マだったとは…てっきり別マと思っていたのに…そしてまさかの単行本未収録!!

…いいんです、いつかこれを読むことを生きるよすがにいたします

実は前回教えてくださった「花嫁の条件」そしてそれが収録されている「幸福ゆきかしら?」を購入し、読ませていただきました
懐かしい西谷先生のお話を読むことができてたいへん嬉しかったです
ただ私の探していたものとは違っていたので、途方にくれていたところでした

この素晴らしいサイトと斉藤様の広い知識がなければたどり着けることはなかったでしょう
本当にありがとうございました!!
いつか、この「かわい子ちゃんと集まれ」が読めることを信じていきたいと思います
 

「かわい子ちゃんと集まれ」

 投稿者:斎藤いつき  投稿日:2015年 9月12日(土)15時04分24秒
  >ウメ さん
お探しの作品は 先回の話とは異なり

´73(昭和48年 )週マ20号掲載の作品
「かわい子ちゃんと集まれ」読切71P(カラー10P)

の可能性が大きくなりました!

>私が探していたお話は
>・主人公は姉妹の末っ子でちょっとみそっかす
>・姉たちは色っぽかったり、男装の麗人だったり、とにかくそれぞれ素敵な美人でモテモテで男が放っておかない。
>・主人公はそんな状況にちょっと呆れている
>・舞台は外国
ヒロインは4姉妹の末っ子で ウメさんの検索条件にドンピシャ!です(^^)

管理人・斎藤の脳内検索には
少々、えー少々、かなりの時間がかかるようになってしまいました(泣)
まてよ、とやっとおぼろげに思い出してきたのです(^^)
掲載の週マを引っ張り出して 確認しました。
時間がかかってごめんなさい m(_ _)m

先回、探索候補にあげた 同じ年の
「花嫁の条件」´73(昭和48年)週マ47号掲載
も 少し条件がかぶってたわけですが
ベルばら は 週マで1972年4月~1973年12月まで掲載ですから
大ブームを巻き起こすムーブメントに西谷先生も影響を受けた、
という事でしょう。

残念ながら単行本未収載 です。

この掲示板の古参、トテさんのサイト「トテの部屋」の
「西谷祥子ギャラリー」で口絵、表紙絵を見る事が出来ます。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/tote81/kutie14.htm
http://www005.upp.so-net.ne.jp/tote81/omake4.htm
内容はこんな風です
http://haruyadotnet.sakura.ne.jp/bbs/src/1442034363053.jpg
黒髪ですので こちらはアンドレっぽいですが
間違いなく 男装の麗人ですね(^^)

ではまた
 

こんばんは

 投稿者:セシリア  投稿日:2015年 7月25日(土)21時49分17秒
  斎藤様

以前はnonno♪で書き込みしましたけど、名前を変更致しました。

「わたしのマーガレット展」
西谷祥子さん展示原画「マリイルウ」2点。
「マーガレット」掲載ページ、S40/44号-151pと49号-181p。
「レモンとサクランボ」2点。
「マーガレット」S41/21(本誌所蔵せず、MCの14p)24号-85p(MC-50p)以上です。

当時、人気もあり、表紙を含め、絵葉書、カラー絵物語等の作品を沢山描かれていたのに、
あまりに展示数が少なくて・・・唖然としました。
 

ありがとうございます!

 投稿者:うめ  投稿日:2015年 7月 7日(火)16時15分4秒
  斎藤さま!管理人様!!!

ありがとうございます!
こんなにすぐにもご回答いただけるとは…感激しております(;▽;)

「花嫁の条件」!

実はこちらのサイトの西谷先生の作品全リスト(素晴らしい!!)に該当作品を探したものの、見当がつかず途方に暮れておりました
それをこんなに早く、そして詳しく教えていただき感無量です

…そして男装の麗人と思っていたのがなんとヒロインのお兄さまとは!
お、男だったの?!と心の中で何度も叫んでしまいました(^^;

「幸福ゆきかしら?」第3巻、これを求めていきたいと思います!

本当にありがとうございました!
拝読いたしましたら、またこちらに感想を寄せさせていただきます



 

七夕ですね(^^)

 投稿者:斎藤いつき  投稿日:2015年 7月 7日(火)14時39分32秒
  お久しぶりです
西谷祥子ファン倶楽部・管理人の斎藤です(^^)

何年ぶりの書き込みでしょう
御無沙汰して申し訳ありません
元気に仕事と剣道を
目一杯にやっております

>ボルドー2033さん
お久しぶりです!!!!!
「わたしのマーガレット展 」知ってはいましたが
うーん行くかな どーだろう
と思っていましたが
西谷先生の原画展示の可能性ありとのことでしたら
行かずばなりますまい(^^)
多分来月、8月末になるかと思うのですが
レポートいたします
情報ありがとうございます

>うめ さん
お探しの作品は
´73(昭和48年)週マ47号で初出の
「花嫁の条件」ではないでしょうか
オスカルっぽい
男装の麗人っぽい
キャラクターが出てきますが‥
ひろいんのお兄さんですけど(^^)
表紙4色カラーの52p
単行本「幸福(しあわせ)ゆきかしら?」 第3巻に収録 されてます
週マの現物も斎藤は持ってたはずですが
どこにいったかな

また続報いたします
では仕事に出かけます
 

レンタル掲示板
/23